人間ドック費用助成

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002947  更新日 令和4年6月30日 印刷 

海老名市国民健康保険に加入中の方が人間ドックを受検されたとき、費用の一部を助成します。

 

令和4年4月1日から、申請書など、必要な書類や検査項目が変更となりました


※人間ドック受検料、追加検査項目の受検料を確認するため、領収明細書が必要となります。領収書のみでは、申請ができませんので、お支払い時に明細書(内訳のわかるもの)が発行されるか、事前に人間ドック実施機関にご確認ください。 
※申請に必要な検査項目を全て満たしない場合は、費用助成の対象外となります。また、オプション検査等、その他助成対象外検査がありますので、ご注意ください。   
※必要な検査項目は、添付ファイル「必要検査項目一覧」をご確認ください。                                   

対象となる方

海老名市国民健康保険加入者で満35歳以上の方。

※国民健康保険税及び市税(市民税・固定資産税・軽自動車税等)に未納のある世帯の方は、この制度を利用することができません。
※被保険者一人につき、申請日が属する年度内に、1回の助成となります。
※申請年度内に特定健診との併用はできません。  
※受検結果から、生活習慣改善が必要と認められた方には、「特定保健指導」の案内が送付されます。対象になった方はぜひ保健指導を受けてください。なお、受検結果は特定保健指導や、統計資料として国に報告するほか、その他の保健事業に活用するデータの集約・分析以外の目的には使用いたしません。

助成内容

受検費用(消費税抜き)の半額(百円未満切捨て)と上限額3万円のどちらか低いほうの金額を助成します。

例:ドックの受検費用 45,000円+4,500円(消費税)=49,500円の場合
45,000円×2分の1=22,500円
22,500円<30,000円なので22,500円が助成金額となります。

申請期間

受検日が属する年度内の申請となります。
※令和4年4月1日から令和5年3月31日までの受検分については、令和5年3月31日までに支給申請が必要です。

手続に必要なもの

  • 海老名市国民健康保険人間ドック助成金支給申請書兼請求書(下記にてダウンロード可能)
  • 同意書(下記にてダウンロード可能)
  • 海老名市人間ドック助成用問診票(下記にてダウンロード可能)
  • 人間ドック受検料の領収明細書写し
  • 受検結果写し
  • 通帳(振込先がわかるもの)
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 国民健康保険証

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課 国保年金係(国保)
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-4594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。