移送費(移動の困難な患者が移送された場合)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002942  更新日 令和4年4月1日 印刷 

病気やけがで移動の困難な患者等が移送された場合、移送にかかった費用(車代など)について、以下の条件のいずれにも該当すると認められると、一部が払い戻しされます。

  • 移送の目的の療養が保険診療として適切であること
  • 患者が療養の原因である病気やけがが原因で、移動が著しく困難であること
  • 緊急、その他やむを得ないこと

【手続きに必要なもの】

  • 移送が必要と認める医師の意見書
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 払った移送費の領収書
  • 通帳(振込先がわかるもの)
  • 国民健康保険証
  • マイナンバーがわかるもの(氏名・住所等の記載事項の変更がないもの)
  • 身分証明書(来庁者のもの)

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国保年金係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、後期高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。