特定健康診査(特定健診)結果などの閲覧・提供について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013562  更新日 令和4年3月31日 印刷 

マイナンバーカードをお持ちの方で健康保険証利用の手続きをした方は、特定健康診査(特定健診)の結果などについて、マイナポータルでの閲覧や医療機関などとの情報共有ができます。

また、マイナンバーを活用して保険者間で健診結果の引継ぎができるようになりました。

マイナポータル上で特定健診結果などの閲覧ができます

マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスのことです。
自分専用のサイトから、行政手続きの検索やオンライン申請ができたり、行政機関からのお知らせを受け取ることができます。

この仕組みを用いて、マイナポータル上で特定健診の受診結果や薬剤情報などが閲覧できます。閲覧できるのは、令和2年度以降の特定健診受診結果および令和3年9月診療分以降の薬剤情報となります。(令和3年10月21日より運用開始)

データ登録後に閲覧可能となりますが、受診機関や受診後の結果受取りの時期などにより、登録に時間がかかる場合がありますので、ご注意ください。

また閲覧するためには、事前にマイナンバーカードの保険証利用登録が必要です。

データ登録時期

令和2年度(令和2年4月1日~令和3年3月31日)健診実施分

既に登録完了しています。

令和3年度(令和3年4月1日)以降健診実施分登録予定時期

健診受診の3~4カ月後から順次登録していく予定です。
※受診機関や受診後の結果受取り時期などにより、登録に時間がかかる場合があります

医療機関などで特定健診結果が閲覧できます

マイナンバーカードの健康保険証利用に対応している医療機関や薬局では、ご本人の同意によって、令和2年度以降に受診した特定健診結果などについて閲覧することができます(令和3年7月6日から運用開始)。

ご利用には、事前にマイナンバーカードの保険証利用登録が必要です。
マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局については以下のサイトをご覧ください。

特定健診結果の情報を保険者間で引き継ぎます

特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)およびその予備軍の早期発見と予防・改善を目的として、各医療保険者(国民健康保険・社会保険・共済組合など)が共通に行う法定義務の保健事業です。

そのため、加入している保険者が変わっても、継続して適切な特定健診や特定保健指導を受けることができるよう、マイナンバーを活用して過去の特定健診データなどが、現在加入している保険者に自動的に引き継がれます。

引継ぎの対象となるのは、令和2年度以降に実施した過去5年分の特定健診データです。

引継ぎを希望しない場合

引継ぎを希望しない場合は、現在加入の保険者にその旨を申し出ることができます。

現在加入の保険者が海老名市の場合は、次の「不同意申請書」に必要事項を記入の上、郵送または窓口にて国保医療課にご提出ください。

引き継がれない情報項目

特定健診受診年月日、特定健診情報(身長、体重、腹囲、血圧、尿検査・血液検査結果など)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国保年金係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、後期高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。