証券税制について(上場株式等の配当所得及び譲渡所得)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002853  更新日 令和1年6月3日 印刷 

1 上場株式等に係る配当所得等の課税方式について(所得税)

上場株式等に係る配当所得等については、総合課税に代えて申告分離課税を選択することができます。
なお、上場株式等に係る配当所得を申告する場合には、その申告する上場株式等の配当等の全額について、総合課税と申告分離課税のいずれかを選択適用することとし、統一しなければなりません。

※上場株式の配当所得において、申告分離課税を選択した場合は、配当控除の適用を受けることが出来ません。

2 上場株式等の特定配当所得等の課税方式について(住民税)

上場株式等の特定配当所得等(利子所得含む)や上場株式等の譲渡(源泉徴収がある特定口座)に係る所得については、市・県民税の納税通知書が送達される前まで市・県民税申告書を提出することで、所得税と異なる課税方式(申告不要制度・総合課税・申告分離課税)を選択できます。
(例:所得税は総合課税を選択し、市・県民税は申告不要制度を選択)
※納税通知書送達前までに市・県民税申告書の提出がない場合、所得税と同様の課税方式が適用されます。

なお、市・県民税納税通知書送達後に上場株式等の特定配当所得等(利子所得含む)や上場株式等の譲渡(源泉徴収がある特定口座)に係る所得についての確定申告をした場合、その所得は市・県民税の所得及び税額計算に含まれません。

3 上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例について

平成22年度分以後の個人住民税(市・県民税)については、同一年中又は過去3年以内に生じた上場株式等に係る譲渡損失の金額と申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額との間で損益通算を行うことができます。

なお、市・県民税農政通知書送達後に損失の申告をした場合、その年度分以降に損失を繰越すことはできません

4 上場株式等の配当所得及び譲渡所得等に係る税率について

 10%(所得税7%、市県民税3%)軽減税率の特例措置は、平成25年12月31日をもって廃止され、平成26年1月1日以後は、本則税率の20%(所得税15%、市県民税5%)が適用されます。

 なお、平成25年1月1日から令和29年12月31日までの間(25年間)に生じる所得には、所得税率に2.1%が復興特別所得税として乗ぜられます。

 

※上場株式等の配当所得及び譲渡所得等に係る軽減税率の特例について(平成25年12月31日で廃止)

平成21年1月1日から平成23年12月31日、延長期間として平成24年1月1日から平成25年12月31日までの間の上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等について、10%(所得税7%、市・県民税3%)の軽減税率が適用されます。

5 上場株式等の配当等に係る配当割及び株式等譲渡所得割等の税率について

10%(所得税7%、市県民税3%)軽減税率の特例措置は、平成25年12月31日をもって廃止され、平成26年1月1日以後は、本則税率の20%(所得税15%、市県民税5%)が適用されます。

 なお、平成25年1月1日から令和29年12月31日までの間(25年間)に生じる所得には、所得税率に2.1%が復興特別所得税として乗ぜられます。

 

※上場株式等の配当等に係る配当割及び株式等譲渡所得割等の軽減税率の特例について(平成25年12月31日で廃止)

平成21年1月1日から平成23年12月31日、延長期間として平成24年1月1日から平成25年12月31日までの間の上場株式等の配当等に係る配当割及び源泉徴収選択口座における株式等譲渡所得割等について、10%(所得税7%、市・県民税3%)の軽減税率が適用されます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 諸税係:046-235-8593、個人市民税係:046-235-8594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。