海老名郷土かるた「ひ」

ページ番号1000891  更新日 平成30年2月28日 印刷 

左手に 蓮の花もつ 観世音

海老名郷土かるた「ひ」

正覚寺(門沢橋)

「ひ」正覚寺

「新編相模国風土記稿」では、山号を橋沢山延命院、安楽寺(寒川町岡田)の末寺とされています。

十一面観音坐像を本尊とし、桃山時代に作られ元禄5年(1692)に補修された木造弘法大師坐像、延享4年(1747)に小田原の仏師・蓮池佐内が造立した木造不動明王坐像、宝永6年(1709)に仏師・松村理左衛門(あるいは村松右衛門)が造立した愛染明王坐像などが安置されています。

創建時代は不明ですが、本尊を初めとする仏像の製作年代から、室町時代に創建されたと考えられます。

擬木柱所在地:海老名市門沢橋2183 正覚寺内

擬木柱「ひ」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。