海老名郷土かるた「や」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000869  更新日 平成30年2月28日 印刷 

弥生神社は 四つのむらの 鎮守様

海老名郷土かるた「や」

弥生神社(国分・上今泉・柏ケ谷・望地)

「や」弥生神社

明治42年(1909)に国分村の八幡社(祭神、誉田別命=ほむたわけのみこと)、上今泉の比良神社(祭神、猿田彦命=さるたひこのみこと)、柏ケ谷村の第六天社(祭神、高産霊命=たかむすびのみこと)、望地の大綱神社(祭神、日本武尊=やまとたけるのみこと)の四社を合祀して創建されました。

擬木柱所在地:海老名市国分北2-13-13 弥生神社参道入口附近

擬木柱「や」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。