海老名郷土かるた「し」

ページ番号1000881  更新日 平成30年2月28日 印刷 

市の花の その名をとって さつき町

海老名郷土かるた「し」

新しい街・さつき町など

「し」さつき住宅

海老名は昭和30年有馬村と合併し、昭和46年11月1日に市制がしかれました。

そして翌年市の花に「さつき」市の木に「ツゲ」が制定されました。

さつき町は厚木駅近くに昭和48年海老名プラザ(660戸)を中心に誕生、附近に市立海西中学、市立青少年会館、医療センターなどの公共施設もできました。そして市の花の名を町名としました。同じころ国分寺台(2000戸)や、やまに平、伊勢山、清水、成田屋、市営住宅などの新しい街が次々に造成されました。

擬木柱所在地:海老名市さつき町1 さつきプラザ噴水附近

擬木柱「し」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。