海老名郷土かるた「ら」

ページ番号1000864  更新日 平成30年2月28日 印刷 

爛漫の 桜堤に 渡船跡

海老名郷土かるた「ら」

厚木の渡し場(河原口・社家・門沢橋)

「ら」渡船場跡

相模川は洪水や戦略上の関係もあって常橋は設けられず、多くは船によって渡っていました。

大山道の一つ、青山道(矢倉沢往還)には、厚木の渡しが設けられていました。

渡邊華山もこの道を通り、「游相日記」に厚木の渡しのことを記しています。

安政5年(1858)の「渡船場賃銭心得之覚」には「荷係り拾八文 人拾二文 馬拾八文」とあります。

擬木柱所在地:海老名市河原口2049 ゲートボール場コート脇

擬木柱「ら」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。