海老名郷土かるた「あ」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000875  更新日 平成30年2月28日 印刷 

有鹿社は 式内社にて 水守る

海老名郷土かるた「あ」

有鹿神社(上郷)

「あ」有鹿神社

祭神は、大日霊貴命(おおひるむちのみこと=天照大神)です。

鳩川が相模川に流れ込む地点に鎮座しています。

平安時代中期の「延喜式」神名帳に記載されている式内社・相模国十三座の一つです。江戸時代には海老名郷五か村の総鎮守でした。

創建時期は不明ですが、永和3年(1377)の作成とされる「有鹿明神縁起」では、神亀3年(726)にすでに存在し、天平宝字元年(757)に海老名郷司藤原広政が中心となり再建、鎌倉幕府滅亡時に兵火にかかり、本殿以外の付属建物が失われたとしています。

本殿と拝殿天井画は、市指定重要文化財となっています。

境内にはうっそうと生い茂る社叢があり、ケヤキやムクノキ、イチョウの大木があります。この他にも板根を張ったエノキの大木やカゴノキ、タブノキなどもみられます。

擬木柱所在地:海老名市上郷1-4-41 有鹿神社内

擬木柱「あ」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。