海老名郷土かるた「き」

ページ番号1000877  更新日 平成30年2月28日 印刷 

郷土史の 道を開いた 中山翁

海老名郷土かるた「き」

中山毎吉頌徳碑

「き」中山翁碑

中山毎吉は、明治元年(1868)に高座郡国分村に生まれ、尋常高等海老名小学校長のかたわら、文化財や植物の研究を進め、相模国分寺跡などの保存に尽力した人物です。
矢後駒吉とともに著した「相模國分寺志」は、国分寺研究の先駆的な研究・報告書として今日でも評価が高い学術書となっています。

大正13年(1924)、56歳で小学校長職を退いた後、大正15年(1926)に海老名村が頌徳碑を建てました。撰文は大島正徳、書は鳥海幸助です。

中山毎吉は、昭和17年(1942)に享年75歳で永眠されました。

擬木柱所在地:海老名市国分北2-13-40 龍峰寺内

擬木柱「き」

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。