「ともに認め合うまち・海老名宣言」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008661  更新日 令和1年6月10日 印刷 

「ともに認め合うまち・海老名宣言 ~かかわり・つながり・ささえあい~」とは

この宣言は、海老名市の障がい者施策の基本理念です。

宣言策定の経緯

平成14年度から障がいの理解・普及啓発を目指し、「こころのバリアフリー事業」(障がい者団体と、福祉関係機関による実行委員会主催)を実施してまいりました。
しかし、平成28年7月、障がい者支援施設「県立津久井やまゆり園」では、障がいに対する偏見、差別的思考から痛ましい殺傷事件が発生、この事件に対して実行委員会では、改めて普及啓発活動強化の必要性を認識し、活動強化の取り組みの第一段階として、障がいへの差別根絶を願い「こころのバリアフリー実行委員会からの宣言」を発表しました。
さらに、次の取り組みとして、平成29年1月の実行委員会で市民のひとりひとりが障がいに対する理解認識を深め共生社会を目指す「『ともに認め合うまち』をめざして」が決議され、それを受け、海老名市が策定したものです。

目的

障がいへのあらゆる差別をなくし、人々がともに認めあい、支え合えるまちになることを目的としています。

ともに認め合うまち・海老名宣言

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 障がい福祉係:046-235-4813、相談支援係:046-235-4812
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。