海老名市の平和事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003512  更新日 令和4年3月29日 印刷 

平和宣言都市 えびな

海老名市では、昭和60年12月17日に平和都市宣言を行い、戦争や原爆の記憶を風化させることのないよう、平和行政の推進に取り組んでいます。

海老名市平和都市宣言

世界の恒久平和は、全人類共通の願いである。
然るに現世界では、各地で武力紛争が絶えることなく続き、軍備の拡大、核兵器等の増強を招来し、世界の平和と人類の生存に脅威を与えている。
私達は、子々孫々まで平和で美しい地球を残す義務を負っている。
そのため、非核三原則を堅持し、地球上から核兵器をなくすことを願い、全人類を戦争の恐怖から解き放ち、幸福と平和を希求するため、海老名市は平和都市であることをここに宣言する。

  昭和60年12月17日

平和首長会議への加盟

海老名市平和都市宣言から25年を迎えたことを機に、平成22年4月1日付で「平和市長会議(平成25年8月6日、「平和市長会議」から「平和首長会議」に名称変更)」に加盟しました。これは、広島市を中心として、世界166か国・地域、8,065都市(令和4年3月1日現在)が加盟し、市町村レベルで平和活動を行う国際会議です。

被爆アオギリ二世

被爆アオギリ二世

昭和20年8月6日、広島で被爆したアオギリの種から成長した苗木は、❝平和を愛する心❞❝命あるものを大切にする心❞を後世に伝えるため「被爆アオギリ二世」と名付けられました。

海老名市では、「平和市長会議」に加盟したことを記念して、平成22年5月23日、「被爆アオギリ二世」を市役所南側芝生広場に植樹しました。

市民が語る戦争体験を動画配信

katari
「戦死した父と私の戦中戦後」海老名市遺族会 清田節子氏

市は、市内在住の語り部による「戦争体験講話」をインターネット配信しております。
貴重な歴史的証言の記録を、パソコンやタブレットにて視聴することができます。
くわしくは、次のリンク先をご覧ください。

令和3年度平和事業

戦争体験講話の動画配信
  • 「戦争体験講話」のインターネット動画配信(海老名市遺族会協力)
平和の祭典2021
  • 「戦争体験講話」上映
  • 平和映画「ベル&セバスチャン」上映
戦争を語り継ぐパネル展
  • 戦時資料の展示、広島・長崎の原爆被災に関するパネル展示 など(8月前半)
8月は平和月間
  • 平和祈念の黙とう周知
  • 海老名駅西口自由通路デジタルサイネージにて啓発映像を放送
子どもたちによる“平和なまち”絵画展2021
  • 平和首長会議「子どもたちによる“平和なまち”絵画コンテスト2021」の応募作品を募集
  • パネル展を開催し応募作品を展示(10月)

ロシア政府によるウクライナ軍事侵攻に対する声明

  • ロシア政府によるウクライナ軍事侵攻に対し、平和都市宣言に基づき声明を発表(3月)

平和都市宣言塔
懸垂幕の掲示

  • 市内に設置している平和都市宣言塔・パネルの維持管理(海老名運動公園、海老名中央公園、東柏ケ谷近隣公園、そらかぜ通りなど)
  • 市庁舎広告塔への懸垂幕の掲示(8月)

原爆パネル貸し出し

  • 「原爆と人間展」パネルの市民団体・市内学校への貸し出し

市民団体などの事業支援

  • 市長メッセージ、団体支援など

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 市民相談課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 人権男女共同参画係:046-235-4568、相談係:046-235-4567
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。