高齢者の在宅福祉サービス

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010518  更新日 令和6年1月30日 印刷 

海老名市の在宅福祉サービス

地域包括支援センター

 地域包括支援センターは、高齢者のみなさんを支える拠点です。
介護・医療・保険・福祉などの側面から高齢者を支える『 総合相談窓口 』です。


以下の在宅福祉サービスについても、お住いの地区担当の地域包括支援センターに
お気軽にお問い合わせください。

 

 

◆配食サービス

  • 概要 安否確認が必要で、食事の調理や買い物などが困難なひとり暮らしや高齢者世帯の方に、
       昼食または夕食をお届けします。
  • 対象 概ね65歳以上のひとり暮らしや高齢者世帯の方で、安否確認を必要とし食事の支度などが
       困難な方。
  • 費用 事業所及び食事の内容により金額が異なります。
  • 申込 お住まいの地区担当の、地域包括支援センターにご相談ください。
     

◆緊急通報システム(貸与)

  • 概要 不意の事故や病気などの緊急時にボタンを押すと通報センターにつながり、緊急通報や健康
       相談ができます。
  • 対象 概ね65歳以上のひとり暮らしの方で、疾病などにより日常生活に不安のある方。
  • 費用 非課税世帯、及び一定以下の課税世帯は無料。
       料金は月額200円~680円。(課税状況により決定します)
  • 申込 お住まいの地区担当の、地域包括支援センターにご相談ください。
     

◆介護用品の給付(紙おむつの給付)

  • 概要 在宅で介護が必要な方に紙おむつなどを給付します。
  • 対象 介護保険の要介護3以上で、月の半分以上在宅で生活している方。
  • 費用 非課税世帯は無料。課税世帯は500円。
       ただし、市の給付上限を超えた場合は追加料金が発生します。
  • 申込 お住まいの地区担当の、地域包括支援センターまたは担当のケアマネージャーにご相談ください。
     

◆はいかい高齢者位置探索システム(貸与)

  • 概要 小型の発信機を持ち歩くことで、どこにいるのかを24時間調べることができます。
  • 対象 在宅の65歳以上で、はいかいする恐れのある方。
  • 費用 月額960円(課税状況により異なります。)
  • 申込 お住まいの地区担当の、地域包括支援センターにご相談ください。
     

◆認知症等行方不明SOSネットワーク

  • 概要 ひとり歩きの恐れがある方の情報を登録することで、行方不明となった際に
       海老名警察署、他市町村などと情報共有し、早期発見につなげます。
  • 対象 在宅の65歳以上で、ひとり歩きの恐れのある方。
  • 費用 無料
  • 申込 お住まいの地区担当の、地域包括支援センターにご相談ください。
     

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域包括ケア推進課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-4950
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。