認知症ケアパス(認知症ガイドブック)

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003226  更新日 令和5年8月21日 印刷 

認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けるために

認知症が心配になったり、診断をされたときに、住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、症状の変化に合わせてどのような医療や介護サービス、相談、その他の支援などがあるのかをまとめたものが「認知症ケアパス」です。認知症かもしれないと不安になっている方や、認知症と診断された方、介護しているご家族の方など、認知症とともに生きる全ての人が、安心して暮らし続けられるようにご活用ください。

認知症ケアパスを改定しました

「認知症ケアパス」は、地域包括ケア推進課や地域包括支援センターにて配布しています。また、このページからダウンロードができます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域包括ケア推進課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-4950
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。