地域生活支援拠点事業について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014619  更新日 令和4年7月1日 印刷 

地域生活支援拠点とは

 障がい者の高齢化や重度化、親亡き後を見据え、障がい者が地域で安心して暮らし続けるために、障がい者の生活を地域全体で支える体制づくりをいいます。

 整備手法には拠点の役割を担う施設を新設する「多機能拠点整備型」と、地域の既存の事業所等が役割を分担する「面的整備型」がありますが、当市では市が中核となり地域全体で支える体制づくりを目指し、令和4年7月1日より「面的整備型」として事業を開始しました。

 事業の詳細については、ページ下部にある「海老名市障がい者地域生活支援拠点事業実施要綱」及び「海老名市障がい者地域生活支援拠点事業運営ガイドライン」を確認してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 障がい福祉係:046-235-4813、相談支援係:046-235-4812
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。