災害に備えましょう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007896  更新日 平成30年12月21日 印刷 

大きな災害に備えて使った分だけ買い足す「家庭内流通備蓄」で災害に備えましょう! 1備蓄(多めに買う)2使う(古い物から食べる)3買う(使った分を買う)1日3日分以上推奨1週間の備蓄をしましょう 市の備蓄食品(アレルギー対策)について アルファ化米 特定原材料など(アレルギー物質)27品目不使用 パン 小麦、大豆、乳、卵を使用しています 粉ミルク 乳を使用しています 粉ミルク(アレルギーフリー) 自分にアレルギー対応した食料を準備しましょう!

トイレの準備も忘れずに! 大きな地震の後は、下水道に流さないでください。食料備蓄以上に重要なのがトイレ袋(簡易トイレ)の準備です。一人1日5回分を目安としてトイレ袋(簡易トイレ)を備蓄しましょう。また、トイレットペーパーは静岡県で全国の約40%を生産しています。南海トラフ地震などで被害を受けた場合には、供給に大きな影響がでることが想定されます。日頃からトイレットペーパーの備蓄を忘れずに備蓄してください。1水が便器内にある場合は、ポリ袋などをかける 2便座にトイレ袋(簡易トイレ)を装着する ポリ袋の中に水をため、ポリ袋を重しとし、その上からトイレ袋(簡易トイレ)を装着するとよいです。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 危機管理課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 危機管理係:046-235-4790、危機対策係:046-235-4501
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。