退職所得に係る市・県民税について

ページ番号1002861  更新日 平成30年2月28日 印刷 

退職所得に係る個人の市民税・県民税は、他の所得と区分して退職手当等の支払われる際に支払者が税額を計算し、退職手当等の支払金額からその税額を差し引いて、市民税と県民税をあわせて市に納入することとされています。

平成25年度から適用される改正について

平成25年1月1日以後に支払われる退職所得から、次の2点について計算方法が変わりますのでご注意ください。

  1. 税額の10%を控除する(90%を乗じる)特例措置が廃止されます。
  2. 勤続年数5年以下の法人役員等の退職所得金額を2分の1にする措置が廃止されます。
    (なお、法人役員等には、国会議員・地方議員・国家公務員・地方公務員が含まれます。)

退職手当に係る市・県民税の計算方法は下記のとおりです。

1 退職所得を求める

(1)退職所得控除額の計算

ア 勤続年数が20年以下の場合:退職所得控除額=40万円×勤続年数 〔80万円に満たない場合は80万円〕
イ 勤続年数が20年を超える場合:退職所得控除額=800万円+70万円×(勤続年数-20年)

※退職手当等の支払を受ける者が障がい者に該当することとなったことにより退職した場合には、上記の計算で求められた控除額に100万円が加算されます。
※勤続期間に1年未満の端数がある場合は、その端数は1年に切り上げて計算します。
例:26年3カ月→27年

(2)退職所得金額の計算

ア 平成24年12月31日までに支払われるもの:退職所得=(支払金額-退職所得控除額)×2分の1
イ 平成25年1月1日以後に支払われるもの
(ア)勤続年数5年以下の法人役員等の場合:退職所得=支払金額-退職所得控除額
(イ)上記(ア)以外の場合:退職所得=(支払金額-退職所得控除額)×2分の1

※退職所得に1,000円未満の端数がある場合は、1,000円未満の端数を切り捨てます。

2 税額の計算

(1)平成24年12月31日までに支払われるもの

  • 退職所得×市民税6%(県民税4%)=市民税額(県民税額)
    → 市民税額(県民税額)×0.9=特別徴収すべき市民税額(県民税額)

(2)平成25年1月1日以後に支払われるもの

  • 市民税額(=特別徴収すべき市民税額)=退職所得×6%
  • 県民税額(=特別徴収すべき市民税額)=退職所得×4%

※(1)・(2)共に、税額に100円未満の端数がある場合は、100円未満の端数を切り捨てます。

3 納入方法

特別徴収用の納入書を使って納入していただきます。
納入書を使用しない方法で納入いただいている事業所や、現在海老名市で特別徴収していない事業所等で納入書が必要な場合は、ご連絡ください。
納入書裏面に「市民税・県民税納入申告書」がありますので、必要事項を忘れずに記入してください。
徴収した税額は、徴収した月の翌月10日(土曜日・日曜日・祭日の場合は翌日)までに納入してください。
平成28年1月1日以降は、法人等の場合は法人番号の記載が必要となります。
また、個人事業主の場合は個人番号の記載が必要となりますが、金融機関は法律上、個人番号を扱うことができないため、納入書を2枚使用して、次のとおりご記入・ご提出をお願いいたします。

金融機関への提出分

  1. 表面:納入金額等の必要事項を記入してください。
  2. 裏面:何も記入しないでください。

海老名市への提出分

  1. 表面:何も記入しないでください。
  2. 裏面:退職所得に係る税額の内容及び個人番号を記入してください。

※なお、平成28年5月以前にお送りしている納入書には、法人番号または個人番号をご記入いただく欄がありませんが、納入申告書下部「特徴徴収義務者」欄の余白部分に法人番号または個人番号を追記していただきますようお願いいたします。(平成28年6月以降にお送りする納入書には、その欄を設けております)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 諸税係:046-235-8593、個人市民税係:046-235-8594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。