猫の不妊及び去勢手術費用の一部を助成します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003423  更新日 令和3年4月1日 印刷 

猫の放し飼いや飼い主のいない猫の増加による被害を防ぐため、不妊及び去勢手術費用の一部を助成します。
助成を受けるためには、環境政策課窓口にて事前申請(手術の2~3週間前)が必要です。申請の際には必ず印鑑をお持ちください。

対象者

  • 市内に居住して住民登録をしている世帯主の方 または 市内に事務所などを有する法人・個人
  • 市税を滞納していない方
  • 飼い主のいない猫の場合は手術後に飼うことができる方

対象猫

  • 飼い猫または飼養予定の飼い主のいない猫                                                 ※ただし、生後6カ月未満の猫の場合、手術可能な状態であることをあらかじめ獣医師に確認すること。
  • 同一年度(4月1日から翌年3月31日まで)1世帯あたり2匹まで

助成額

  • 不妊手術(メス) 5,000円/頭
  • 去勢手術(オス) 3,000円/頭

手術実施者

  • 神奈川県内に診療施設を開設している獣医師

申請手続きの流れ

  1. 手術を実施する前に環境政策課の窓口にお越しの上、以下の書類を提出してください。
    • 猫不妊及び去勢手術費補助金交付申請書
    • 飼養管理計画書(飼い主のいない猫の場合のみ)
      ※手続きの都合上、年度末の申請は3月上旬ごろまでにお済ませください。
  2. 申請書の内容を審査し、交付の可否を決定し、猫不妊及び去勢手術費補助金交付・不交付決定通知書により通知します。
  3. 通知書が届いたら、交付決定日から30日以内に獣医師により手術をしてください。                              (年度末については3月31日まで)
  4. 手術が終了した日から30日以内に、必要書類を提出してください。
    • 猫不妊及び去勢手術費補助金交付請求書
    • 獣医師からの領収書                                                         ※年度末の請求はお早めにお願いします。

関連情報

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 環境政策課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 環境共生係:046-235-4912、廃棄物政策係:046-235-4923
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。