令和6年能登半島地震被災地への支援状況

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016309  更新日 令和6年2月15日 印刷 

 令和6年1月1日に発生した令和6年能登半島地震により被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。
 海老名市では被災地支援のため、次の支援を行っています。今後も継続して支援を行っていきます。

1 義援金・募金

市役所の募金箱の画像

募金箱・銀行振込・窓口で受け付けています。
皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

募金箱

1月5日(金曜日)から公共施設8か所、1月10日(水曜日)からコミュニティセンターなど11か所、合計19か所に募金箱を設置しています。

募金箱設置場所(19か所)

  • 市役所1階
  • 中央図書館
  • 有馬図書館
  • 文化会館
  • 海老名運動公園総合体育館
  • 北部公園体育館
  • えびなこどもセンター
  • えびな市民活動センター(ビナレッジ)
  • コミュニティセンター全9か所(下今泉、国分、社家、上今泉、杉久保、大谷、中新田、柏ケ谷、本郷)
  • 文化センター全2か所(勝瀬・国分寺台)

銀行振込

日本赤十字社開設の口座を、市ホームページでご案内しています。詳細は、リンク先をご覧ください。

窓口

福祉政策課(市役所2階)と、海老名市社会福祉協議会(市役所西棟)で受け付けています。

記者発表資料

募金活動

  • 1月21日(日曜日)、海老名市赤十字奉仕団及び日本赤十字社神奈川県支部海老名市地区が海老名駅で街頭募金活動を行いました。集まった義援金(143,766円)は日本赤十字社を通じて被災地に送金しました。ご協力ありがとうございました。

海老名駅で募金活動している様子の画像

ロマンスカーミュージアム付近で募金活動している様子の画像


  • 1月30日、柏ケ谷中学校の生徒たちが、自分たちも何かできないかと、震災があってすぐにchromebookを使ってみんなで話しあい、募金活動をすることを決め、学校の校門などで、先生や生徒、近隣住民などに呼びかけ、募金で集めた義援金を市へ手渡しました。集まった募金(200,698円)は、市から日本赤十字社を通じて令和6年能登半島地震災害義援金として被災地へ送りました。

柏ケ谷中学校の校門付近で生徒が募金活動をしている写真

柏ケ谷中学校の生徒12人が市長に義援金を寄贈している写真

記者発表資料

このページの先頭へ戻る

2 物的支援

石川県かほく市に飲料水を支援

  • 1月3日(水曜日)午前7時に車両2台・職員4名で市役所を出発し、石川県小松市を通じて、断水している石川県かほく市に飲料水(2Lペットボトル)1,446本を届けました。

令和6年1月3日に物的支援を実施した際の画像1

令和6年1月3日に物的支援を実施した際の画像2

令和6年1月3日に物的支援を実施した際の画像3

記者発表資料

被災された方に市営住宅を一時提供

被災された方を対象とした、県営・市町営住宅などの一時提供に、海老名市では、市営住宅1戸を準備しています。詳細は、神奈川県ホームページをご覧ください。

関連情報

このページの先頭へ戻る

3 人的援助

緊急消防援助隊の派遣(石川県輪島市)

消防庁長官から神奈川県隊への要請により、1月9日~1月29日の計6次にわたり42名の消防職員を派遣しました。

  • 第1次派遣 1月9日(火曜日)から

令和6年1月9日の消防派遣の際の画像1

令和6年1月9日の消防派遣の際の画像2


  • 第2次派遣 1月12日(金曜日)から

令和6年1月12日の消防派遣の際の画像2

令和6年1月12日の消防派遣の際の画像2


  • 第3次派遣 1月15日(月曜日)から

令和6年1月15日の消防派遣の際の画像1

令和6年1月15日の消防派遣の際の画像2


  • 第4次派遣 1月18日(木曜日)から  

緊急消防援助隊第4次派遣隊出発式の画像

派遣される職員の画像


  • 第5次派遣 1月21日(日曜日)から   

緊急消防援助隊の第5次派遣隊出発式の画像

緊急消防援助隊の第5次派遣隊が出発のため車に乗り込んだ後の画像


  • 第6次派遣 1月24日(水曜日)から

第6次派遣隊の消防隊員が整列している写真

第6次派遣隊の消防隊員が出発する消防車両の前で整列している写真

関連情報

記者発表資料

職員の派遣(石川県七尾市)

1月15日(月曜日)から石川県七尾市に職員2名(交代で一定期間)を派遣し、支援物資の仕分けや受け渡しなどを行っています。今後も継続して派遣します。

  • 第1次派遣 1月15日(月曜日)~1月22日(月曜日)

派遣される辞令を受けている写真

派遣職員が車で出発する写真

第1次派遣の職員が七尾市で支援を行う様子の写真


  • 第2次派遣 1月22日(月曜日)~1月28日(日曜日)

石川県七尾市へ応援職員を第2次派遣する際の市長訓示の画像

石川県七尾市へ第2次派遣の応援職員が車で出発したときの画像


  • 第3次派遣 1月27日(土曜日)~2月2日(金曜日)
    「海老名飛鳥ライオンズクラブ」と「株式会社栄屋製パン」から預かった支援物資も運搬しました。

石川県七尾市へ応援職員を第3次派遣する際の市長訓示の画像

海老名飛鳥ライオンズクラブから支援物資を受け取る写真

栄屋製パンから支援物資を預かっている写真

七尾市で派遣職員が窓口対応をしている様子


  • 第4次派遣 2月1日(木曜日)~2月7日(水曜日)

石川県七尾市へ応援職員を第4次派遣する際の市長訓示の画像

石川県七尾市へ出発する応援職員を見送る画像

応急仮設住宅受付の様子


  • 第5次派遣 2月7日(水曜日)~2月12日(月曜日)

派遣職員が副市長に出発の報告をしている様子

車両が出発する写真

応急仮設住宅受付の様子


  • 第6次派遣 2月11日(日曜日)~2月17日(土曜日)

派遣職員が市長に挨拶している写真

応急仮設住宅受付の様子


記者発表資料

認定NPO法人ピーク・エイドによる寝袋支援の輸送を協力(石川県輪島市)

アルピニスト野口健さんが代表を務める認定NPO法人ピーク・エイドと岡山県総社市が連携して取り組んでいる「令和6年能登半島地震」被災地への支援活動に協力するため、山梨県の認定NPO法人ピーク・エイドに寄付された寝袋などの輸送に協力しました。

  • 第1陣 1月15日(月曜日)午前9時
    車両2台・職員4名で、寝袋約500個とマット約600個を、避難所の石川県輪島市立輪島中学校へ輸送しました。

派遣される辞令を受けている写真

車両が出発する写真

車両が出発する写真

前回1月15日に行った寝袋運搬の様子


  • 第2陣 2月7日(水曜日)~2月9日(金曜日)
    寝袋約500個、マット約200枚、生理用品・ウェットティッシュ・携帯トイレなど40箱を輸送しました。
    一緒に、人の森株式会社から預かった浄水器2台も輸送しました。

派遣職員が並んでいる様子

人の森株式会社から被災地へと預かった浄水器の写真

寝袋輸送活動の様子

記者発表資料

職員の派遣(石川県羽咋郡志賀町)

  • 総務省の「応急対策職員派遣制度」に基づく神奈川県からの依頼で、石川県羽咋郡志賀町に職員を派遣し、罹災証明の発行や支援物資の仕分け・受け渡しなどの業務を行っています。市には第3陣と第5陣の依頼があり、派遣しています。
  • 第3陣派遣 1月19日(金曜日)~1月26日(金曜日) 、職員1名

応援職員への市長訓示の際の画像

羽咋郡志賀町で派遣職員が支援を行っている様子の写真


  • 第5陣派遣 2月2日(金曜日)~2月9日(金曜日)、職員2名

応援職員への市長訓示の際の画像

志賀町での活動の様子(水汲み)


  • 第7陣派遣 2月16日(金曜日)~2月23日(金曜日)、職員2名

派遣職員が市長に出発報告をしている様子

記者発表資料

保健師・管理栄養士の派遣(石川県珠洲市)

  • 厚生労働省からの派遣要請により、県から依頼を受け、保健師2名、管理栄養士3名を石川県珠洲市へ派遣します。県内市町村と連携した保健師・管理栄養士チームとして、避難所で生活している方々の健康支援や衛生管理業務、在宅の要支援者の健康管理の支援などを行います。
    • 派遣期間及び派遣人員
      2月1日(木曜日)~2月6日(火曜日) 、保健師 1名
      2月7日(水曜日)~2月12日(月曜日) 、管理栄養士 1名
      2月13日(火曜日)~2月18日(日曜日) 、保健師1名・管理栄養士 1名
      3月11日(月曜日)~3月16日(土曜日) 、管理栄養士 1名

保健師・管理栄養士が挨拶している写真

珠洲市の避難所で保健師が避難者の健康観察をする様子

記者発表資料


このページの先頭へ戻る

4 その他

  • 災害ボランティアの受付は行っていません。

このページの先頭へ戻る

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 危機管理課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 危機管理係:046-235-4790、危機対策係:046-235-4501
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。