国民年金 よくある質問

ページ番号1002280  更新日 平成30年4月1日 印刷 

質問国民年金を受けるために必要な期間について知りたい。

回答

老齢基礎年金を受けるためには、受給資格期間(10年以上)を満たしていることが必要です。
受給資格期間を満たすには、国民年金に加入し保険料を納めた期間や厚生年金、共済年金に加入した期間(免除を受けていた期間、学生納付特例期間を含む)の合計が原則として10年以上あることが必要です。
また、この受給資格期間には、国民年金に任意加入できる方が任意加入しなかった期間等(合算対象期間(カラ期間)といいます)も含めることができます(この期間は年金額を計算するときには含まれません)。
詳しくはお問い合わせください。

老齢基礎年金は20歳から60歳までの40年間の被保険者期間につき、すべて保険料を納めた人に満額の年金を支給する制度ですから、保険料を納めた期間が40年に不足する場合は、不足する期間に応じて年金額が減額されます(昭和16年4月1日以前に生まれた人は生年月日に応じて40年未満でも満額の老齢基礎年金が受けられます)。
また、保険料を納めていない期間があると障がいの状態になったり死亡事故があったときには、障害基礎年金や遺族基礎年金が受けられなくなることもあります。

年金に関するお問い合わせ先

厚木年金事務所 電話:046-223-7171
海老名市役所国保医療課 電話:046-235-4596(直通)

関連情報

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国民健康保険係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。