各種証明書のコンビニ交付サービスについて

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012663  更新日 令和6年6月18日 印刷 

利用可能時間・サービス停止情報

コンビニ交付のイラスト
コンビニで各種証明書が取得できます。

海老名市では、平成31年3月1日からマイナンバーカードを利用した各種証明書のコンビニ交付サービスを開始しました。

  • 利用可能時間
     6時30分から23時まで
     
  • サービス停止情報
     年末年始(12月29日~1月3日) 
     令和6年7月17日(水曜日)

 

  • 緊急メンテナンスを行う場合があります。

現在のコンビニ交付サービスについて

現在は通常どおり稼働中です。

上記に関わらず年末年始(12月29日~翌1月3日)はサービス停止となります。

スマホ用電子証明書搭載サービスの利用について

スマートフォンを操作するマイナちゃん

スマートフォンに搭載した電子証明書でコンビニ交付が順次利用できるようになります(Androidのみ)。

  1. 令和5年12月20日(水曜日)以降
    対応開始する事業者 株式会社ファミリーマート、株式会社ローソン
    東京都内の店舗
  2. 令和6年1月22日(月曜日)以降
    東京都以外の全国の店舗

スマホ用電子証明書搭載サービスについては、下記デジタル庁のホームページもご活用ください。

このページの先頭へ戻る

利用可能な店舗

コンビニのイラスト
全国のコンビニで利用できます。

マルチコピー機が設置されている全国の主要なコンビニエンスストアなどで利用できます。
※店舗により利用可能な端末が設置されていない場合があります。

 

このページの先頭へ戻る

利用できる方

海老名市に住民登録があり、「利用者証明用電子証明書」が掲載されたマイナンバーカードをお持ちの方が利用できます。
(本籍地が海老名市にある方は、住民登録が海老名市外であっても事前登録を行うことで戸籍関係の証明書が取得できます。事前登録の方法は、「地方公共団体情報システム機構(J-Lis)本籍地の戸籍証明書取得方法(外部リンク)」をご参照ください。)

【注意事項】

  • マイナンバーカードの交付を受けた当日は利用できません。(翌開庁日の正午から利用できます。)
  • 15歳未満の方、成年被後見人の方は利用できません。
  • マイナンバーカードの申請時に「利用者証明用電子証明書」の掲載を希望されなかった方 又は「利用者証明用電子証明書」の有効期間が切れた方は利用できません。
  • すでに事前登録をされていても、電子証明書の更新を行った場合は、再度事前登録を行う必要がございます。
  • 戸籍の届出をされている場合は、事前登録及びコンビニ交付サービスのご利用までお時間をいただく場合がございます。
  • 「利用者証明用電子証明書」の暗証番号(数字4桁)を忘れてしまった方は利用できません。
    (3回連続で間違えるとロックがかかります。窓口サービス課にてロック解除および暗証番号の再設定ができますので、ご本人がマイナンバーカードをお持ちのうえ手続きをしてください。)
  • 転出手続きを行った方は、転出先の自治体で転入手続きを行うまで利用できません。
    また、同一世帯の方が転出手続きを行った場合は、その方の転出日を過ぎるまで利用できません。
  • 外国籍の方などで氏名などの文字数が多い方はコンビニで発行できない場合があります。
  • 個人番号通知カード(紙製)・住民基本台帳カード・えびな市民カードでは利用できません。
  • 住所情報の保護など、証明書の発行制限手続きをされている方は利用できません。
  • 証明書が複数枚にわたる場合、ホチキス留めはされずページ番号や固有番号が印字されますので、必ず枚数を確認のうえ取り忘れには十分ご注意ください。
  • 発行後の返金や交換はできませんので、発行前に必要な証明書の内容についてよくご確認ください。
  • 個人情報保護の観点から、コンビニ従業員による操作の代行はできません。また、取得した証明書の取り扱いには十分ご注意ください。

このページの先頭へ戻る

利用方法

マイナンバーカードを用意し、マルチコピー機のメインメニューから「行政サービス」を選び、画面の案内に従って操作してください。
操作方法の詳細は、「地方公共団体情報システム機構(J-Lis)証明書の具体的な取得方法(外部リンク)」をご参照ください。
なお、取得方法は一例です。店舗やメニューなど、実際とは多少異なる場合があります。

このページの先頭へ戻る

取得できる証明書と手数料

取得できる証明書と手数料

取得できる証明書

手数料

備考

住民票の写し

300円
  • 住民票が海老名市にある方が取得できます。
  • 本人および同一世帯の方の分を取得できます。(同住所でも別世帯の方の分は取得できません。)
  • 本籍・筆頭者および続柄の記載の有無が選択できます。
  • マイナンバーの記載の有無が選択できます。
  • 住民票コード記載のものは取得できません。
  • 転出や死亡などにより除票となったものは取得できません。
  • 転出手続きをした方が同一世帯にいる場合、その世帯の住民票の写しは転出日を迎えるまでコンビニでは取得できません。
  • 住民票の異動手続きをした場合、異動後の情報はすぐに反映されませんので、反映状況については窓口サービス課へお問い合わせください。(お急ぎの場合は、窓口で取得してください。)
  • 外国人の住民票の写しは、(1)国籍・地域(2)第30条の45規定区分(中長期在留者・特別永住者などの別)(3)在留情報(在留資格・期間・満了日)(4)在留カードなどの番号(5)氏名のカタカナ表記について記載することができます。
印鑑登録証明書 300円
  • 住民票が海老名市にあり、印鑑登録をされている方が取得できます。印鑑の登録方法については、「印鑑の登録について」をご参照ください。(えびな市民カードや印鑑登録証に印鑑登録をされている方もマイナンバーカードを利用して取得できます。)
  • 本人以外のものは取得できません。
戸籍事項証明書(戸籍謄本・抄本) 450円
  • 本人および同一戸籍の方の分を取得できます。
  • 本籍地が海老名市にある方が取得できます。(住民登録が海老名市外で本籍地が海老名市の方は、事前登録を行う必要があります。事前登録完了までには数日かかります。詳しくは、「地方公共団体情報システム機構(J-Lis)本籍地の戸籍証明書取得方法(外部リンク)」をご参照ください。)
  • 除籍や改製原戸籍事項は取得できません。
  • 戸籍の届出をした場合、新しい情報はすぐに反映されません。反映まで1~2週間程度かかる場合がありますので、反映状況については窓口サービス課へお問い合わせください。
戸籍の附票の写し 300円
  • 本人および同一戸籍の方の分を取得できます。

  • 本籍地が海老名市にある方が取得できます。(住民登録が海老名市外で本籍地が海老名市の方は、事前登録を行う必要があります。事前登録完了までには数日かかります。詳しくは、「地方公共団体情報システム機構(J-Lis)本籍地の戸籍証明書取得方法(外部リンク)」をご参照ください。)

  • 除籍や改製原戸籍の附票は取得できません。

  • 戸籍の届出や住民票の異動手続きをした場合、新しい情報はすぐに反映しませんので、反映状況については窓口サービス課へお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

セキュリティ対策について

  • コンビニ交付では改ざん防止用紙ではなく普通紙を使用しますが、印刷時に改ざん防止のための処理を施しています。詳しくは、「地方公共団体情報システム機構(J-Lis)改ざん偽造防止対策(外部リンク)」をご覧ください。
  • マルチコピー機と市役所とのデータ通信は、専用回線によりデータを暗号化しています。
  • 発行後は、データは保存されず消去されます。
  • すべて本人が操作をしますので、コンビニの従業員に個人情報を見られることはありません。(コンビニの従業員に操作を代行してもらうことはできません。)

このページの先頭へ戻る

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 窓口サービス課
〒243-0492  神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 窓口サービス係:046-235-4869、戸籍係:046-235-4870
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。