事故にあった時の負担額と手続き

ページ番号1002938  更新日 平成30年4月1日 印刷 

事故にあったら

交通事故など第三者から受けた行為が原因となる負傷や疾病による医療費は、被害者の過失割合部分を除き、原則加害者が負担することになっています。しかし、この場合でも届出により、国保での保険診療を受けることが可能です。この届出を「第三者行為による被害届」といいます。

この場合の医療費は、国保が一時立て替えて支払いますが、後でその分を加害者に請求することになります。届出前に加害者と示談を結びますと、示談の内容が優先し、国保扱いをすることができなくなる場合があります。示談を結ぶ前に、必ず国保医療課へ届出をしてください。

被害届出書類一式は窓口に用意してあります。

手続きに必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 事故証明(後日提出でも可)
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 既に医療機関に支払った医療費があればその領収証

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国民健康保険係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。