療養費

ページ番号1002944  更新日 平成30年4月1日 印刷 

次のような場合は、申請していただくと、国民健康保険が内容を審査し、決定した額の一部が療養費として、後で払いもどされます。

  1. 事故などで負傷したり、急病などで国民健康保険を取り扱っていない病院に搬送されたり、被保険者証を持たずに治療を受けたとき。
  2. 医師の指示で、あんま、はり、灸、マッサージなどの施術や、骨折やねんざなどで柔道整復師の施術を受けて、保険証が使えなかったとき。
  3. 医師の指示によりコルセット・ギブスなどの補装具をつくったとき。

【申請に必要なもの】

  • 診療報酬明細書(1、2の場合)
  • 医師の診断書(同意書)(2、3の場合)
  • かかった医療費等の領収書
  • 国民健康保険証
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 通帳(振込先がわかるもの)
  • 個人番号カードまたは通知カード

※平成30年4月1日以降に申請される靴型装具につきましては、当該装具の写真(患者が実際に装着する現物であることが確認できるもの)の添付が必要になりました。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国民健康保険係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。