“社会を明るくする運動”

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011107  更新日 令和2年7月1日 印刷 

第70回“社会を明るくする運動”

第70回❝社会を明るくする運動❞ポスター

“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~とは

すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする法務省主唱の全国的な運動で、本年度(令和2年度)で70回目を迎えます。

7月は“社会を明るくする運動”強調月間です。

「更生保護の日」である7月1日から同月31日までの1カ月間を強調月間として、全国的にさまざまなキャンペーンや催しが展開されます。

 

今年度(令和2年度)の活動計画

新型コロナウイルス感染症をめぐる状況を踏まえ、非接触型の広報活動を7月の強調月間に合わせて展開します。

懸垂幕・横断幕の掲示

市役所広告塔(北西側)、海老名駅前(東口)にそれぞれ掲示。

デジタルサイネージでの放映

海老名駅自由通路にて、“社会を明るくする運動”スポットCM 更生ペンギンのホゴちゃん「昔、僕はワルいペンギンだった!」を放映。下記リンクよりWeb上でもご覧いただけます。

昨年度(令和元年度)の活動実績

街頭啓発キャンペーン(7月1日)

海老名駅前にて啓発物品の配布を実施。

街頭啓発キャンペーン(1)

街頭啓発キャンペーン(2)

“社会を明るくする運動”講演会(8月23日)

海老名警察署と外部講師による2部制の講演会を実施。

講演会(1)

えびな玉入れ選手権(10月14日)

レクパラスポーツフェスタ協賛団体として、啓発物品を景品として提供。

えびな市民祭り(11月17日)

まつり会場でブースを出展し、啓発物品の配布や景品がもらえるわなげを実施。

えびな市民まつり(1)

えびな市民まつり(2)

小中学校での薬物乱用防止運動(2月)

市内小中学校3校をまわり、薬物乱用防止運動を実施。

海老名市“社会を明るくする運動”推進委員会

海老名市“社会を明るくする運動”推進委員会は、以下の関係機関・団体で構成組織されています。

  • 海老名市
  • 海老名市教育委員会
  • 海老名市小中学校長会連絡協議会
  • 海老名市教育支援センター
  • 海老名警察署
  • 海老名市社会福祉協議会
  • 海老名市民生委員児童委員協議会
  • 海老名地区更生保護女性会
  • 海老名保護区保護司会

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 福祉政策課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-4820
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。