風しんの追加的対策の実施について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008838  更新日 令和4年11月1日 印刷 

風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれたの男性の皆様へ
あなたと、これから生まれてくる世代の子どもを守るために風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう!

風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。

 昭和37年度から昭和53年度までに生まれたの男性の皆様には、過去に公的に予防接種が行われていないため、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあります。

 この年代の男性の皆様がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなると言われています。
 あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください!

令和4年度風しんの抗体検査・予防接種クーポン券の送付

令和4年度のクーポンを令和4年4月初旬に発送しました。

 厚生労働省では昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性を対象に2019年(令和元)年度から2024(令和6)年度まで、風しん抗体検査と定期予防接種の助成事業(風しん追加的対策)を実施しています。

 令和4年4月上旬に、海老名市内に住民登録のある対象者の方に風しんの抗体検査及び予防接種を受診するためのクーポン券を発行しました。抗体検査や予防接種を受けるには、海老名市から対象者に送付されるクーポン券が必要となります。大切に保管いただき、医療機関に受診する際、御活用ください。

令和3年度中にクーポンを使用して抗体検査及び予防接種を受けたにも関わらず、令和4年度のクーポンが送付された方は行き違いとなりましたことをお詫び申し上げますとともに、令和4年度クーポン券は破棄していただきますようお願いいたします。
風しんの追加的対策概要
対象者 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性
実施方法

STEP1 クーポン券が届きます。

STEP2 医療機関を予約してください。(市内の指定医療機関一覧は添付ファイルを参照)

STEP3 抗体検査を受けましょう。

持ち物:クーポン券、本人確認書類

STEP4 検査結果が届きます。(直接受け取りに行くこともあります。)

STEP5 結果を確認する。

抗体なしの場合:STEP6以降に進む。

抗体ありの場合:風しんの抵抗力があります。予防接種の対象になりません。

STEP6 医療機関を予約してください。(市内の指定医療機関一覧は添付ファイルを参照)

STEP7 予防接種を受けましょう。(MR麻しん風しん混合ワクチン)

持ち物:クーポン券、本人確認書類、抗体検査結果通知

実施医療機関

海老名市内の指定医療機関(添付ファイルを参照してください)、全国の指定医療機関(厚生労働省のホームページを参照してください)

受診の際は、事前に医療機関に受け入れ状況を御確認の上、受診してください。

費用 原則無料
クーポン有効期限 令和5年3月31日まで
注意事項
  •  クーポンを受け取る前に、任意で受けた風しんの抗体検査及び予防接種は公費負担の対象にはなりません。
  • 今までに風しんの追加的対策のクーポン券を使用して抗体検査及び予防接種は公費負担の対象にはなりません。
  • 海老名市から転出した場合、海老名市から発行されたクーポン券は使用できません。転出先の自治体にお問い合わせください。
  • クーポン券を紛失した場合は、再発行ができますので、海老名市健康推進課まで御連絡をお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-7880
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。