新型コロナウイルス感染症に関連して -不当な差別や偏見をなくしましょう-

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010989  更新日 令和2年5月28日 印刷 

新型コロナウイルス感染症に関連した法務大臣メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別は決してあってはなりません。

法務大臣メッセージは、次のリンク先からYouTube法務省チャンネルをご覧ください。

法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。困った時は、一人で悩まず、相談してください。

人権相談窓口

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、来庁される方の感染防止のため、法務局(支局を含む)では、当面の間、電話相談をお願いしています。

差別、いじめ、嫌がらせ、名誉棄損、プライバシー侵害などの人権相談は、以下のリンク先の「みんなの人権110番 0570-003-110」又は「インターネット人権相談窓口」などへご連絡ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 市民相談課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 人権男女共同参画係:046-235-4568、相談係:046-235-4567
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。