令和4年度以降の海老名市成人式について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011184  更新日 令和2年7月31日 印刷 

令和4年度以降も従来どおり20歳を対象に開催します

令和4(2022)年4月1日に施行される民法改正に伴い、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることになります。
海老名市では、令和4年度以降も従来どおり20歳を対象とし成人式を開催いたします。
※新成人(18歳)を対象とする成人式は開催しません。


1 令和4年度以降の成人式対象者

当該年度に20歳を迎える者
【参考】令和4年度の成人式(令和5年1月に開催)対象者:平成14年4月2日から平成15年4月1日までの出生者で、海老名市に住民登録している方


2 式の名称

 今後検討し、発表します。 
 

3 20歳を対象とする理由

 18歳での式典開催は、参加者の多くが大学受験または就職といった人生の選択を迫られる極めて多忙な時期であり、式典への参加者本人だけでなく、家族含めて、落ち着いた環境で成人を祝うことが困難であることが予想されるため。

 

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 学び支援課
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 学び支援係:046-235-4926、若者支援室:046-235-8411
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。