中小企業退職金共済制度のご案内について

ページ番号1003729  更新日 平成30年2月21日 印刷 

中小企業退職金共済制度(略称:中退共制度)は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。
中退共制度をご利用になれば、安全・確実・有利で、しかも管理が簡単な退職金制度が手軽に作れます。

  1. 目的
    中小企業者の相互共済と国の援助で退職金制度を確立し、これによって中小企業の従業員の福祉の増進と、中小企業の振興に寄与することを目的としています。
  2. 仕組み
    事業主が中退共と退職金共済契約を結び、毎月の掛金を金融機関に納付します。従業員が退職したときは、その従業員に中退共から退職金が直接支払われます
  3. 特色
    1. 有利な国の掛金助成
    2. 掛金は非課税
    3. 簡単な管理
    4. 通算制度でまとまった退職金
    5. 退職金は直接従業員へ
  4. その他
    市では、この中退共制度を利用される中小企業者に対し、掛金の一部を補助しています。詳細は、12月頃の広報えびな・市ホームページに掲載します。

※中退共制度の詳細は、独立行政法人勤労者退職金共済機構ホームページをご覧ください。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 商工課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 商工政策係:046-235-4843、にぎわい振興係:046-235-8439
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。