【新型コロナワクチン接種】新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012761  更新日 令和4年3月9日 印刷 

 マイナンバーカードをお持ちの方は、新型コロナウイルスワクチンを接種した証明書の電⼦版を発行することができます。電⼦版の発行が困難な⽅は、紙版の接種証明書を申請することができます。

1 予防接種証明書(電子版)

(1)概要

政府が公式に提供するアプリ及びマイナンバーカードを使用して、電子版接種証明書を取得することができます。
アプリは、App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。
専用アプリの詳しい取得方法等は、デジタル庁ウェブサイト等で追って周知する予定です。

(2)電子版のメリット

  • 無料で取得できます。
    • 送料がかかりません。ただし、通信料がかかる場合は利用者の負担になります。
  • 即時発行が可能です。
    • ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録が登録されている場合に限ります。
  • 取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。
    • 取得後はオフラインでも表示できます。

(3)必要なもの

  1. スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroid OS 8.0以降 かつ NFC Type B対応)
  2. マイナンバーカード
  3. (注)券面事項入力補助用暗証番号(4桁)
  4. (海外用のみ)パスポート

(注)券面事項入力補助用暗証番号について

  • 券面事項入力補助用暗証番号は、マイナンバーカードを受け取った際にご自身で設定した数字4桁の暗証番号です。
  • この暗証番号は、コンビニで住民票の写し等を取得する際に使う利用証明書証明用電子証明書の暗証番号(4桁)と異なる設定をされている方もいます。
  • 入力を3回間違えるとロックがかかります。忘れてしまった場合やロックがかかってしまった場合は、市役所1階市民総合窓口(窓口サービス課)での再設定が必要です。

【参考】マイナンバーカードの申請及び受取方法

マイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまで1カ月程度かかります。計画的にご申請・お受け取りをお願いします。

(4)アプリの使用方法

次のリンクをご確認ください。

(5)注意事項

ワクチン接種記録システム(VRS)に接種記録データが登録されていない場合、利⽤できないことがあります。利⽤できない場合は、紙版をご申請ください。

(6)問い合わせ先

アプリの操作方法に関すること

デジタル庁
デジタル庁問い合わせフォーム
※12月20日以降開設予定

接種証明書の意義など制度一般に関すること

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
0120-761-770
対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語
受付時間:9時~21時(土日・祝日も実施)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時~21時
タイ語 : 9時~18時
ベトナム語 : 10時~19時

マイナンバーカード全般に関すること

マイナンバー総合フリーダイヤル
電話番号:0120-95-0178
受付時間:9時30分~20時

多言語対応電話番号:0120-0178-26
対応言語:英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語

申請・交付事務全般に関すること

海老名市新型コロナウイルスワクチン接種専用ダイヤル

2 予防接種証明書(紙版)

(1)申請できる方

ワクチンを接種した当日に、海老名市に住民登録があった方(海老名市が発行した接種券で接種を受けた方)
※本人以外の方(同居の家族を除く)が申請される場合は、委任状が必要です。

(2)手数料

 無料

(3)申請方法

受付は、原則郵送のみです。
(郵送により申請いただき、同封していただく返信用封筒にて郵送交付します。)

注1:証明書の即日交付はできませんのでご了承ください。
注2:氏名に外字(パソコンでの表記が難しい文字)が含まれる方は、証明書にそのままの文字で表記することができませんので、代用文字(パソコンで表記可能な平易な文字)での申請をお願いいたします。

(4)郵送申請

以下の申請書及び必要書類を、市役所の健康推進課まで送付してください。
また、以下の必要書類のほかに、切手を貼った返信用の封筒(申請者の氏名及び住民票上の住所を記載したもの)も同封してください。
なお、証明書の送付は、申請者の住民票上の住所に送付します。(それ以外の住所には、原則、送付できませんのでご注意ください)
注1:申請書類の到着から、おおむね7日程度で発送する予定です。(接種記録の確認が取れない場合や、申請が混みあっている場合には7日以上かかることがあります。ご了承ください。)
注2:書類に不足・不備等がある場合には、追加で書類の郵送をお願いすることがあります。
注3:返信用封筒に貼られた切手の金額が足りないことがありますのでご注意ください。

 <送付先>
 〒243-0492
  神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
  海老名市役所 保健福祉部 健康推進課

(5)申請書(記入例・様式)

(6)申請に必要な書類

<必須書類(全員)>
必要書類 備考
新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 上記リンクからダウンロードしてください。
本人確認書類の写し 証明書が必要な方の氏名、生年月日、住所が分かるもの(顔写真なしでも可)
免許証、保険証等
切手付き返信用封筒 交付は郵送で行います。返送用の封筒を添付してください。
額の切手を貼ってください。
(参考)
3号封筒: 84円
1号封筒:120円
封筒が貼付されていない場合は、証明書の交付ができませんので御注意ください。
接種済証(接種券)
または接種記録書の写し
接種済証は接種券と同じ用紙の右側(緑色)の部分です。
医療従事者等の方で接種券が届く前に1・2回目の接種をされた方は、接種記録書
を御用意ください。
3回目の接種がお済みの方は、3回目の接種済証もお持ちください。
※紛失された方を除きます。
海外用の証明書を希望する方
必要書類 備考
旅券(パスポート)の写し 身分事項記載(顔写真がある)ページの写しが必要です。ただし、有効期限以内のものに限ります。
また、証明書を発行しようとする日から渡航する日までの間に旅券を更新する予定の方は、証明書に記載される旅券番号が変更となり、変更前の旅券番号が記載された証明書は無効となってしまいますので、更新後に申請してください。
旧姓等が確認できる書類の写し 旅券(パスポート)に、旧姓、別姓、別名の併記があり、その本来の表記が漢字の方(旧姓等が元々ローマ字表記の方を除く。)は、接種証明書上に漢字名が記載されるため、その確認が必要なことから、旧姓、別姓、別名の漢字名が併記されたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し等が必要です。
<追加書類(該当する方)>
代理人が申請する場合
必要書類 備考
委任状(原本) 申請者と、証明が必要な方が別世帯の場合は、委任状(原本)が必要です。
委任状の様式は問いません。A4サイズの白紙に次の事項を記載し、委任者自身が署名または押印してください。署名・押印以外はワープロ打ちでも構いません。
【委任状に必要な記載事項】
  1. 委任年月日
  2. 宛先「海老名市長殿」
  3. 代理人の住所
  4. 代理人の氏名
  5. 委任内容「上記の者を代理人と定め、次の権限を委任します。新型コロナウイルス感染症予防接種証明書発行に関する一切の権限」
  6. 委任者の住所
  7. 委任者の自署
  8. 委任者の生年月日
代理人の本人確認書類の写し 氏名、生年月日、住所が分かるもの(顔写真なしでも可)
免許証、保険証等
法定代理人の資格を有する書類(写し可) 登記事項証明書等
接種後に海老名市から転出し、その後、住所変更等をされた方
必要書類 備考
戸籍の附票(写し可) 海老名市から転出後の市区町村で行われた住所等の変更について、確認させていただくための書類です。

【参考】防疫措置の緩和等を認めている諸外国

防疫措置の緩和等を認めている諸外国につきましては、以下リンク先をご確認ください。

<入国時などに接種証明書(ワクチンパスポート)が使用可能な国・地域一覧>

<新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況>

<その他全般(外務省海外安全ホームページトップ)>

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康推進課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-7880
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。