後期高齢者医療制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002965  更新日 平成30年2月28日 印刷 

75歳以上の高齢者の方などを対象とした「後期高齢者医療制度」が平成20年4月から施行されました。

後期高齢者医療制度とは

75歳以上の方を対象とした独立した医療制度です。

同制度の運営は、神奈川県内の全市町村が加入する神奈川県後期高齢者医療広域連合が行っています。

対象となる方

  • 75歳以上の方
  • 一定の障がいがある65歳以上75歳未満の方で、申請により後期高齢者医療広域連合の認定を受けた方

被保険者証

被保険者証は、お一人ごとに交付されます。

保険料

被保険者一人ひとりが保険料を負担します。

  • 保険料は、被保険者お一人ごとに算出します。被保険者全員が同じ額を負担する「均等割額」と、被保険者の前年所得に応じて負担する「所得割額」を合計した額となります。
  • 保険料は神奈川県後期高齢者医療広域連合が決定し、市へ納付していただきます。
    ※保険料の算出方法は神奈川県内で統一となります。
  • 保険料の納付方法は、年額18万円以上の年金をもらっている方は、原則年金天引きにより納付していただきます(特別徴収)。ただし、介護保険料と合わせた保険料額が年金受給額の2分の1を越える場合には天引きされず、納付書や口座振替(普通徴収)で保険料を納付していただきます。
    ※年金天引きにより保険料を納付する方も、申し出により口座振替での納付に変更することができます。金融機関への口座振替の手続きと併せて、市への申請が必要となります。

受けられる給付

  • 療養の給付
    病気や怪我で病院にかかったときの医療費の自己負担は1割(現役並所得者は3割)となります。
  • 入院時食事療養費
    入院したときの食事代は、定められた食費を負担していただきます。
  • 入院時生活療養費
    療養病床に入院したときは、定められた食費と居住費を負担していただきます。
  • 高額療養費
    1カ月に支払った医療費の自己負担の合計が、定められた限度額を超えた場合は、高額療養費として支給されます。
  • その他給付
    保険外併用療養費、療養費、訪問看護療養費、高額介護合算療養費、移送費。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国民健康保険係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。