印鑑の登録について

ページ番号1002825  更新日 平成30年5月28日 印刷 

登録資格

海老名市の住民基本台帳に記録されている方
登録できる印鑑は1人1個です。

次の方は印鑑の登録をすることはできません。

  • 15歳未満の方
  • 成年被後見人

登録できない印鑑

  • 住民基本台帳に記録されている氏名、氏、名、通称(外国人住民)、氏名のカタカナ表記(非漢字圏の外国人住民)、氏名の一部、通称の一部、氏名の片仮名表記の一部以外のもの(カタカナ・ひらがな表記の氏名を漢字に当て字したものは登録できません)
  • 氏名、通称以外の事項を表しているもの
  • ゴム印等変形しやすいもの
  • 印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの
  • 印影の大きさが一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  • 印影が不鮮明、文字の判読が困難なもの
  • 他の方がすでに登録しているもの
  • 機械彫りなどにより大量に生産されているもの
  • 縁がないもの、縁が4分の1以上欠けているもの
  • 文字が白抜きのもの
  • その他登録する印鑑として適当でないもの

登録申請

即日登録ができる方(本人による免許証・許可証方式または保証人方式)

本人による免許証・許可証方式(即日で印鑑登録および印鑑登録証明書の交付が可能です。)

登録する方が、官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類をお持ちの場合は、即日で印鑑登録ができます。

<必要なもの>

  • 官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類(免許証、許可証、身分証明書で、写真と台紙にプレス、割印、または特殊加工がしてあり、かつ、発行者における正当な認証があるものに限ります。)
  • 登録する印鑑
  • 海老名市民カード(交付を受けている方のみ)
  • 海老名市発行の住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • マイナンバー(個人番号)カード(交付を受けている方のみ)

本人による保証人方式(即日で印鑑登録および印鑑登録証明書の交付が可能です。)

登録する方が、官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類をお持ちでない場合、既に印鑑登録をしている方を保証人とすることで、即日で印鑑登録ができます。なお、「印鑑登録申請書」の保証人欄は、保証人が直筆で署名と実印で押印する必要があります。保証人が本人と一緒に来庁しない場合は、ページ下の添付ファイルより「保証書」をダウンロードのうえ、保証人が直筆で署名と実印で押印したものを登録申請時に本人が持参してください。

<必要なもの>

  • 登録する方の本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)
  • 登録する印鑑
  • 保証人の印鑑登録証明書(交付後、1カ月以内のもの。保証人が海老名市に住民登録をしている場合は不要です。)
  • 保証人の実印(登録印)(「印鑑登録申請書」の保証人欄は、保証人が直筆で署名と実印で押印します。保証人が来庁しない場合は、事前にページ下の添付ファイルより「保証書」をダウンロードのうえ、保証人が直筆で署名と実印で押印したものを登録申請時に本人が持参してください。その場合、保証人の実印は持参不要です。)
  • 海老名市民カード(交付を受けている方のみ)
  • 海老名市発行の住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • マイナンバー(個人番号)カード(交付を受けている方のみ)

即日登録ができない方(本人または代理人による文書照会方式)

登録する方が官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類をお持ちでなく、保証人方式も利用できない場合、登録申請が本人の意思に基づくものであることを確認するための文書照会方式となり、郵送により文書で本人に照会します。文書照会方式による登録申請は、登録する方(本人)が2度(申請および登録)来庁することにより印鑑登録が完了します。また、代理人による登録申請も文書照会方式となり、本人または代理人が2度来庁する必要があります。

本人による文書照会方式(照会文書の回答書を持参した日に印鑑登録および印鑑登録証明書の交付が可能となります。)
  1. 本人が登録申請(1度目の来庁)
  2. 1度目の来庁後、窓口サービス課から本人宛に照会文書を送付(受取後、回答書欄に本人が記入してください。)※本人が住民登録をしている住所に送付しますので、郵便局に転送の依頼をかけている方は、事前に転送を解除していただく必要があります。
  3. 申請日(1度目の来庁日)から30日以内に本人が記入した回答書を持参し、登録完了(2度目の来庁)

<必要なもの>

1度目の来庁時(申請時)

  • 登録する方の本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)
  • 登録する印鑑
  • 海老名市発行の住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • マイナンバー(個人番号)カード(交付を受けている方のみ)
  • 海老名市民カード(交付を受けている方のみ)

2度目の来庁時(登録時)

  • 回答書(1度目の来庁後、数日以内に窓口サービス課から本人宛に照会書を送付しますので、本人が回答書欄に記入をしたのもを30日以内持参してください。)
  • 登録する方の本人確認書類(健康保険証、年金手帳など)
  • 登録する印鑑
  • 海老名市発行の住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • マイナンバー(個人番号)カード(交付を受けている方のみ)
  • 海老名市民カード(交付を受けている方のみ)

代理人による文書照会方式(照会文書の回答書を持参した日に印鑑登録および印鑑登録証明書の交付が可能となります。)

疾病その他やむを得ない理由により本人が来庁できない場合は、文書照会方式により本人または代理人が2度(申請および登録)来庁することで印鑑登録ができます。代理人による文書照会方式は、次のいずれのかの場合となります。

  • 2度(申請および登録)とも代理人が来庁する場合
  • 1度目(申請)は代理人が来庁し、2度目(登録)は本人が来庁する場合
  • 1度目(申請)は本人が来庁し、2度目(登録)は代理人が来庁する場合

なお、次の場合は代理人による登録申請はできませんのでご注意ください。

  • 海老名市発行の住民基本台帳カード(交付を受けている方)を印鑑登録証として利用する場合
  • 海老名市発行の住民基本台帳カード(交付を受けている方)に既に条例サービス用の暗証番号を登録している場合
  • マイナンバー(個人番号)カード(交付を受けている方)を印鑑登録証として利用する場合
  • マイナンバー(個人番号)カード(交付を受けている方)に既に条例サービス用の暗証番号を登録している場合

代理人による文書照会方式の流れ

  1. 本人または代理人による登録申請(1度目の来庁)
  2. 1度目の来庁後、窓口サービス課から本人宛に照会文書を送付(受取後、回答書欄に本人が記入してください。)※本人が住民登録をしている住所に送付しますので、郵便局に転送の依頼をかけている方は、事前に転送を解除していただく必要があります。
  3. 申請日(1度目の来庁日)から30日以内に本人が記入した回答書を本人または代理人が持参し、登録完了(2度目の来庁)

<必要なもの>

1度目の来庁時(申請時)

  • 来庁する方(本人または代理人)の本人確認書類(本人の場合は、健康保険証、年金手帳など。代理人の場合は、官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類(運転免許証など)をお持ちでない方は、健康保険証、年金手帳などを持参してください。)
  • 登録する印鑑
  • 委任状(代理人が来庁する場合)※委任状の様式は問いませんので、A4サイズの白紙に必要事項を記載し、委任者が署名押印してください。ページ下の添付ファイルからダウンロードもできます。
  • 認印(代理人が来庁する場合)
  • 登録する本人の海老名市民カード(交付を受けている方のみ)

2度目の来庁時(登録時)

  • 回答書(1度目の来庁後、数日以内に窓口サービス課から本人宛に照会文書を送付しますので、本人が回答書欄に記入をしたのもを30日以内に持参してください。代理人が来庁する場合は、必ず代理人欄も記入してください。
  • 来庁する方(本人または代理人)の本人確認書類(本人の場合は、健康保険証、年金手帳など。代理人の場合は、官公署の発行した顔写真つきの本人確認書類(運転免許証など)をお持ちでない方は、健康保険証、年金手帳などをお持ちください。)
  • 登録する印鑑
  • 認印(代理人が来庁する場合)
  • 登録する本人の海老名市民カード(交付を受けている方のみ)

受付場所

窓口サービス課

受付時間

月曜・火曜・水曜・木曜・金曜(祝日は除きます):午前8時30分~午後5時15分
第1土曜・第3土曜(祝日も受付します):午前8時30分~正午

印鑑登録証の交付

印鑑の登録をしたときは、印鑑登録証として、海老名市民カードを交付します。
すでに海老名市民カードの交付を受けている場合は、新たに海老名市民カードを交付せず、印鑑登録証としての機能を付加します。
海老名市発行の住民基本台帳カードまたはマイナンバー(個人番号)カードの交付を受けていて条例サービス用の暗証番号を既に登録している場合は、新たに海老名市民カードを交付せず、印鑑登録証としての機能を付加することができます。

印鑑登録の消除

次のいずれかに該当する場合は、印鑑の登録を消除します。

  • 印鑑登録廃止の申請をしたとき
  • 他の市区町村に転出したとき
  • 死亡したとき
  • 失踪宣告を受けたとき
  • 氏名、氏、名、通称、氏名のカタカナ表記の変更により登録している印鑑と一致しなくなったとき
  • 外国人住民が中長期在留者、特別永住者、一時庇護許可者、仮滞在許可者、出生による経過滞在者、国籍喪失による経過滞在者でなくなったとき(日本の国籍を取得した場合を除く)
  • その他市長が消除すべき理由が生じたと認めたとき

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 窓口サービス課
〒243-0492  神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 窓口サービス係:046-235-4869、戸籍係:046-235-4870
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。