第41回海老名市温故館企画展 えびなの観音さま

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011339  更新日 令和2年10月20日 印刷 

 観音さまは、正式には「観世音菩薩」や「観自在菩薩」と呼ばれ、人々を苦しみから救ってくださる仏さまとして、広く信仰されています。
 海老名市域でも寺院や仏堂、路傍の石仏などにさまざまな姿の観音さまが伝えられています。中でも著名なものは龍峰寺の重要文化財「木造千手観音菩薩立像」です。今秋、神奈川県立歴史博物館で開催される特別展「相模川流域のみほとけ」での展示にあわせ、龍峰寺の千手観音のひみつとして、42本ある手やその持物、頭上にある仏さま等を写真パネル等でご紹介します。
 このほか江戸時代に盛んになった観音信仰や普段は拝観することができない知られざる観音さまについても資料や写真パネルでご紹介します。この機会にどうぞご覧ください。

「えびなの観音さま」チラシ

展示期間

令和2年10月1日(木曜日)~令和2年12月6日(日曜日)

※期間中無休  入館無料

開館時間

9時~17時15分

(当面の間、感染症予防対策実施のため最終入館は16時30分とします。)

展示会場
海老名市立郷土資料館 海老名市温故館
主な展示資料
市内14の寺院等の観音菩薩写真パネル、龍峰寺に伝わる絵馬やみくじの版木、上大谷観音堂の観音講の道具など
主催
海老名市教育委員会
特別協力

神奈川県立歴史博物館

※温故館にて押印した記念スタンプ台紙を神奈川県立歴史博物館受付にて提示すると特別展「相模川流域のみほとけ」(令和2年10月10日~11月29日)に団体料金で入場できます。

展示解説

毎週 水曜日・日曜日

10時30分から館内放送で行います。

現地見学会

日時

令和2年11月8日(日曜日)

10時00分~12時00分

※申込不要、当日時間内随時受付

場所

龍峰寺

 海老名市国分北二丁目13-40

内容

市指定重要文化財の観音堂で百観音や千手観音お前立ち等を拝観できます。

(重要文化財 千手観音菩薩立像は神奈川県立歴史博物館で展示中です。)

アクセス
  1. 海老名駅東口より神奈中バス相武台前駅行(海10)「弥生神社前」下車、徒歩5分
  2. 海老名駅東口よりコミュニティバス国分ルート「国分第一児童公園」下車、徒歩5分
  3. 海老名駅東口より徒歩約20分(急な上り坂あり)
注意事項
  • 荒天中止
  • 当日はNPO法人海老名ガイド協会がご案内します
  • 駐車場が少ないため公共交通機関をご利用ください

地図

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 教育総務課 文化財係
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 046-235-4925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。