海老名出身のサクソフォーン奏者♪菊地麻利絵さんインタビュー

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008213  更新日 平成31年3月20日 印刷 

海老名市立海西中学校出身で、サクソフォーン奏者の菊地麻利絵さん。

東京音楽大学卒業後にフランスへ渡り、セルジーポントワーズ音楽院を首席で卒業。国内外の数々のコンクールにおいて優秀な成績を修められています。

平成27年には、海老名市文化スポーツ賞において文化大賞を受賞し、現在も様々な場で活躍されています。

世界的に活躍する菊地さんに、海老名での思い出をはじめ世界の舞台のことなど、様々なお話を伺いました。

 

 

菊地麻利絵さん演奏の様子

  • 菊地さんがサックスを始めたきっかけを教えてください。
    中学校の吹奏楽部からです。小さい頃から市内の音楽教室でピアノを習っていて、中学校の部活では音楽に取り組みたいと思っていました。
    だから絶対吹奏楽部!かっこいいから絶対サックス!と決めて、入部しました。

 

  • サックスの練習は、どれくらい、どんなところで行っていますか?独自の練習法などありましたら、教えてください。
    高校や大学の時は、朝から晩まで練習していました。
    今は、モチベーションや調子に合わせて、休む日もあれば数時間練習する日もあり、バラバラです。できる時に集中して取り組む「実のある練習」をするように心がけています。
    練習場所としては、家で行うことが多いですね。

 

  • 現在は東京を拠点として活動されていると思いますが、海老名に住んでいた頃の印象深かったことや、思い出の場所を教えてください。
    海老名駅の周辺ですね。まちの変化に驚いています。東口にビナウォークができる前の中央公園や、さらにその前の駐車場だった頃も知っているので!私が中学生の時に東口にビナウォークができ、そのオープンセレモニーで海西中吹奏楽部として演奏させていただいたことを、今でもよく覚えています!
    その頃は今のようににぎやかになるなんて、夢にも思っていませんでした!友達とたくさん遊んだ場所でもあるこの場所が、思い出の場所ですね。

 

  • 今も海老名を訪れることはありますか?
    もちろんあります!
    最近では、私の所属するアンサンブルである「カーバンクルサックス」の4人で、仕事として海老名を訪れる機会が増えたので、ごはんを食べたり買い物へ行ったりしています。
    海老名駅の東口だけでなく、西口のららぽーと海老名へ行く機会も多くなりました。

 

菊地さんの演奏の様子

  • 平成27年度に海老名市文化スポーツ賞での文化大賞の受賞をはじめ、その後の小さな音楽会の出演など、海老名市の事業にも関わってくださりました。その際のお気持ちなどを聞かせてください。
    とっても嬉しいです!もっともっと演奏させてください!(笑)
    生まれ育った海老名で成長した姿を見せられる事はとても誇りに思いますし、サックスという楽器の魅力も、もっと知ってほしいです。
    芸術というのは、人間の喜怒哀楽を豊かにしてくれるものです。海老名の芸術文化の質の向上や、市民の方の興味関心が深まるように貢献していきたいです。

 

  • 菊地さんがサックスを通じて初めて海外へ行ったのは、いつ、どこへ、どんなことがきっかけですか?
    高校は神奈川県立弥栄東高校音楽コース(現在:弥栄高校芸術科)に通っていたのですが、私の代からヨーロッパへの研修旅行に行けるようになり、その時にハンガリーで現地のプロ奏者にレッスンをしていただきました。サックスを海外で吹いたのは、それがきっかけです。
    そこから、ヨーロッパの街並み、雰囲気、文化に感動し、「いつか留学したい」と思うようになりました。大学卒業後は、サックス大国であるフランスへ2年間留学しました。

 

  • 菊地さんが見てきた世界の舞台について、驚いたことや感動したことを教えてください。
    まず驚いたのは、試験での結果発表が早かったことです!日本ですと、試験を受けてから数日空きますが、フランスではその日に結果がでます。そして私の通った音楽院の場合、その結果発表から一週間後には授業が始まりました。
    また、街にある教会では毎週演奏会が開かれており、質の高い素晴らしい音楽を毎日どこかしらの教会で聴けたことは本当に感動しました。市民の方もそういうものに足を運び、教会もホールでの演奏会も、基本的には満席です!私が主に演奏している現代音楽の演奏会は、満席は難しいと言われているのですが、それですら満席であったことが、衝撃と感動でした。
    美術館も、パリにはルーヴル美術館やオルセー美術館と、素晴らしい美術館が多くあり、学生であれば無料で鑑賞ができました!芸術文化に対して本当に理解があり、みんなが求めていることなんだな、と感動しました。

 

  • サックス以外で、趣味や好きなもの、練習の息抜きなど、教えてください。また、休みの日はどのように過ごしていますか?
    寝ることが好きです!あとは、猫と犬が大好きで、猫カフェによく足を運びます。特に黒猫が大好きで、グッズ集めなどをしています。
    休日の過ごし方は全く決まっていません。寝だめする日もあれば、そんな暇もなく演奏会に向けての事務作業に取り組む日もあります。
    友達とカフェなどへ行ってゆっくり…かと思いきや音楽の話になったりと、音楽自体は練習以外でも考えているので、休みらしい休みは寝ることくらいかもしれません!

 

  • 菊地さんの今後の目標を教えてください。
    サックスの魅力を色々な方に知っていただくことです。
    現在は、ソニーミュージックエンタテインメント「STAND UP!CLASSIC」に所属し、テレビなどのメディア活動や、「JICA東京SDGs吹奏楽団」として貧困国のために音楽活動したりと、国際協力にも携わらせていただいてます。自分磨きはもちろん、音楽をあまり聴かない方にも触れていただける現場に積極的に露出していきたいです。
    また、昔から、音楽の高校や大学で演奏を中心としてサックスを教えたいと思っていました。現在は、母校の東京音楽大学で、学生たちにサックスを教えています。私の目標への第一歩が踏めたと思っているので、継続して努めたいと思っています。
    そして、私事ですが、2019年6月25日(火曜日)に五反田文化センター音楽ホールでソロリサイタルを開催させていただきます。チケットは、事前にチケットぴあ(Pコード:144622)で購入できます。リサイタルに関するお問い合わせはmarie.sax.recital@gmail.comまでご連絡ください。
    自分の演奏を大々的に披露する場としては初めてになるので、まずはそこで自分の力が発揮出来るように取り組みたいと思います!
    ぜひ、みなさんお越しください!

 

菊地さんリサイタルのチラシ

 

  • 海老名でプロの奏者を目指している方がたくさんいると思います。そのような方々にメッセージをお願いします。
    海老名は本当にちょうど良いまちだと思っています!
    のびのび暮らせるし、電車は乗り換えなしで都心にも足を運べて、いつでも日本の中心に行けます。そして、世界を見る事ができます。
    そういったところも海老名の魅力なので、ぜひ活かしてほしいですね。そして、疲れた時には海老名に帰ってきてホッと一息してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 広報係:046-235-4574、営業戦略係:046-235-8567
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。