市長年頭あいさつ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008070  更新日 平成31年2月14日 印刷 

「謹・賀・新・年・こ・と・し・は・い・ど・し」の各文字を使った2019年の市長の抱負です。

今後の海老名市の取り組みがわかる内容になっています。


期待して住みたいまちに攻める年!GO!!
海老名駅の駅間地区開発、相鉄海老名駅整備事業、海老名駅北口駅前広場整備事業などの海老名駅周辺の整備を進めてまいります。

がんばって応援しよう!ラグビーワールドカップ
ラグビーワールドカップに備え海老名運動公園の整備や(仮)えびなラグビー応援団の結成を進めてまいります。

知ってる?2021年ロマンスカーミュージアムが出来るよ。
2021年春、海老名駅隣接地に「子ども」も「大人」も楽しめる鉄道ミュージアムが開業予定です。

ねえ、聞いて!住みたいまちランキングで海老名は第3位だよ。
「SUUMO住みたい街(駅)ランキング2018関東版神奈川県民ランキング」で第3位に選ばれました。
また、読売広告社株式会社が公表した「シビックプライドランキング2018総合ランキング」で全151自治体中第7位に、「継続居住意向ランキング」で第5位となりました。

これからもずっと住んでね若者定住
今年度も市内で暮らす若者に対して、学生家賃補助事業と奨学金返還補助事業の制度を設けて、生活のバックアップをしてまいります。

止まらない踊りつづけるEBINAダンス~♬
DA PUMPのKENZO氏を海老名市親善交流大使に任命し、「海老名をダンスで盛り上げよう!!」の掛け声で制作したEBINAダンスを、今後も発信してまいります。

心配ない災害対策本部も起震車で!
現場への緊急走行、広報活動及び現地災害対策本部設置と運営機能を装備した危機対処型起震車を活用し、市民の皆様の安全と安心を守ってまいります。
また、はしご車と救急車の更新、作業支援用ロボット/HALの導入、大型エアーテントの整備を進めてまいります。


  • はしご車と救急車の更新
    老朽化した車両を更新して、万全な出動体制を整え、市民の安全・安心を確保します。
     
  • 作業支援用ロボット/HALの導入
    作業支援用ロボットスーツ「HAL®腰タイプ作業支援用」を導入する事で、女性救急隊員が現場活動を行う上での体力の不安や負担、搬送中における救急隊員の身体的負担を軽減し、働きやすい環境を整えきめ細かな対応が可能となります。
     
  • 大型エアーテント整備
    国などからの大型トラックによるプッシュ型支援で搬送される大量の支援物資の集積所としての活用や、市庁舎が使用できない状況での災害対策本部の設置、危機対処型起震車との併用による災害対応力の強化が実現します。
はぐはぐで今年も手厚い医療費助成
子どもの健康管理の一元化や乳幼児予防接種・歯科検診の個別化を進め、子育て支援のさらなる充実を図っていきます。

 

  • 子どもの健康管理の一元化
    乳幼児期の予防接種などの健康管理情報を小中学校の健康管理システムに連結することにより、乳幼児期から中学校卒業まで一貫した健康管理を行い、切れ目のない子育て支援の充実を図ります。
     
  • 乳幼児予防接種・歯科検診の個別化
    平成31年度よりBCG予防接種と1歳6カ月児歯科検診は、これまでの集団接種から個別接種へ移行します。

い
海老名運動公園周辺地区土地区画整理事業や市道62号線並木橋歩道橋架設事業、(仮称)上郷河原口線道路新設事業を進めてまいります。

ど
将来的に持続可能なごみの減量化策として、家庭ごみの一部有料化や戸別収集の取り組みを進め、新炉の負担軽減を図るとともに、環境施策のトップランナーを目指します。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

し
駅間開発などによる人口の増加が今後も見込まれることから、(仮称)消防署西分署を整備し、市民の安全・安心を確保します。

一心


一心
挑戦の気持ちで一歩一歩進め、「住みたい 住み続けたいまち 海老名」につなげていきます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 広報係:046-235-4574、営業戦略係:046-235-8567
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。