社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002830  更新日 令和2年9月1日 印刷 

マイナンバー制度とは

マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。

制度については、政府広報オンライン「社会保障・税番号制度(マイナンバー)」をご覧ください。

マイナンバーの利用場面

社会保障、税、災害対策の行政手続でマイナンバーが必要です。社会保障…年金の資格取得や確認、給付・雇用保険の資格取得や確認、給付・医療保険の給付請求・福祉分野の給付、生活保護など 税…税務当局に提出する確定申告書、届出書、調書などに記載・税務当局の内部事務 など 災害対策…被災者生活再建支援金の需給・被災者台帳の作成事務など

マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などにおいて、社会保障・税・災害対策分野の中でも、法令や地方公共団体の条例で定められた行政手続にしか使えません。雇用保険、医療保険の手続や生活保護、児童手当、その他福祉の給付、確定申告などの税の手続で申請書などにマイナンバーの記載が求められます

また、税や社会保険の手続きを勤務先の事業主や金融機関などが個人に代わって手続きを行う場合があり、勤務先に加え、一定の取引のある金融機関にマイナンバーを提示する場合があります。

こんな場面であなたもマイナンバーを使います。

制度に関するお問い合わせ先(マイナンバー総合フリーダイヤル)

マイナンバー制度に関して、ご不明な点はマイナンバー総合フリーダイヤルへお問い合わせください。
国では、マイナンバー制度に関する相談窓口としてマイナンバー総合フリーダイヤルを開設し、幅広いご相談を受け付けています。

【マイナンバー総合フリーダイヤル】
[日本語]
電話:0120-95-0178〈フリーダイヤル〉

音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

  • 通知カード・マイナンバーカードに関するお問い合わせ 「1番」
  • マイナンバー制度、マイナポータルに関するお問い合わせ「2番」
  • マイナンバーカードの紛失・盗難について 「3番」

[外国語]
電話:0120-0178-26〈フリーダイヤル〉(マイナンバー制度、マイナポータルに関すること)
電話:0120-0178-27〈フリーダイヤル〉(「通知カード・マイナンバーカード」または、「紛失・盗難」に関すること)
(注1)英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語で案内をしています。

開設時間(年末年始を除く)

平日:午前9時30分~午後8時
土曜日・日曜日・祝日:午前9時30分~午後5時30分

マイナンバーの最新情報

最新情報は、内閣府ホームページ「社会保障・税番号制度」をご覧ください。

よくあるお問い合わせについては、以下をご覧ください。

通知カードや個人番号カードについては以下をご覧ください。

通知カード

通知カードの様式について:カードのおもて面・うら面

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものですが、令和2年5月25日に廃止されました。
ただし、現在お持ちの通知カードは住所・氏名等に変更がない限り、引き続きマイナンバーを証明する資料として使用できます。

なお、通知カードの記載事項変更及び再発行業務は終了しました。

詳細については、「通知カード・個人番号カード・住民基本台帳カードについて」をご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードの様式について:カードのおもて面・うら面

マイナンバーカードは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。
マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけます。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • マイナンバー(個人番号)
  • 本人の顔写真

等が表示されます。

(注1)マイナンバーカードを身分証明書として取り扱うかどうかは、最終的には各事業者側の判断となりますので、一部の事業者では利用できない場合があります。

マイナンバーカードの交付申請中の方へ

現在、マイナンバーカードの交付申請をされてからカードの受取りまでに1カ月程度の期間を要しています。交付申請書を提出された方で、1カ月以上経過しても交付通知書が届かない場合は、申請が受理されていないことが考えられますので、23桁の申請書ID番号をご用意の上【マイナンバー総合フリーダイヤル(電話:0120-95-0178 通話料無料)】までへお問い合わせください。

来庁者が集中した際には長時間お待ちいただくことがあります。

マイナンバーカードの交付申請された方が、カードを受取る前に他の市町村に転出される場合は、海老名市での交付申請は取り消されてしまい、新住所地に転入届をされた後に改めて交付申請を行う必要があります。

(注1)大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解をよろしくお願い致します。

マイナポイントについて

国では、令和2(2020)年度にマイナンバーカードを使ったポイント制度として、民間のキャッシュレス決済サービスを通じて「マイナポイント」を国費で付与し、消費の活性化を図ることを予定しています。

令和2年9月から令和3年3月末までの事業期間で、事前に選択した民間のキャッシュレス決済サービス(QRコード、ICカード(電子マネー)など)で一定額のチャージまたは買い物をすると、その金額に対し25%(最大5,000円)分が「マイナポイント」として付与されます。付与された「マイナポイント」は、選択したキャッシュレス決済サービスのポイントとして使うことができます。

マイナポイントを取得するためには、事前に マイナンバーカードの取得、マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)及びマイナポイントの申込(利用するキャッシュレス決済サービスの選択)が必要です。

マイナポイント事業の詳細につきましては、以下(総務省HP)をご覧ください。

マイナポイントを受け取るためには

ステップ1 マイナンバーカード申請・取得

マイナンバーカードの申請につきましては、以下をご覧ください。

ステップ2 マイナポイント予約(マイキーIDの発行)

マイナンバーカードのICチップに登録されるマイナンバーとは別のIDを設定します。

ステップ3 マイナポイント申込(7/1~)

利用するキャッシュレス決済サービスを選択し、申込を行います。

対象となるキャッシュレス決済サービスにつきましては、以下をご覧ください。

ステップ4 チャージやお買い物をしてポイント取得(9/1~)
※民間のキャッシュレス事業者の決済アプリ等を利用

キャッシュレス決済サービスに一定額のチャージまたは買い物などをすることで、マイナポイントがもらえるます。

ステップ5  ポイントを買い物などに利用(9/1~)
※民間のキャッシュレス事業者の決済アプリ等を利用

マイナポイント分も利用して買い物ができます。

マイナポイントの予約(ステップ2)・申込(ステップ3)方法

以下の(1)、(2)のどちらかをお持ちの方は、以下のサイトからご自身でマイナポイントの予約を行うことができます。
(1)パソコン・カードリーダー
(2)公的個人認証サービス対応のスマートフォン

マイナポイントの予約・申込には、マイナンバーカード受取時に設定した利用者証明用パスワード(数字4桁)の入力が必要です。

<ご注意ください>

  • マイキーID設定時に、利用者証明用パスワード(数字4桁)を3回連続で誤って入力した場合、利用者証明用パスワードがロックされます。ロックされた場合は、住民票のある市区町村窓口にてパスワードの初期化を申請する必要があります。
  • 電子証明書の更新を行った場合、その当日はマイナポイントの予約・申込ができません。電子証明書更新とマイナポイント予約・申込を同日に実施希望の方は、電子証明書を更新する前にマイナポイント予約・申込を行ってください。
  • マイナポイントに乗じた詐欺にご注意ください。
    詐欺に関する注意事項につきましては、以下をご覧ください。

パソコンやスマートフォン環境をお持ちでない方は、市役所でもマイキーIDの設定ができます。

市役所でもマイナポイントの予約(ステップ2)・申込(ステップ3)ができます

海老名市では、マイナポイントをご利用いただくために必要となるマイナポイントの予約・申込支援を行います。

場所

市役所1階 特設窓口

特設コーナーで、マイナポイントの予約・申込端末をご利用いただけます。
1階窓口でマイナンバーカードを取得した際は、ぜひお立ち寄りください。

期間・時間

令和2年4月1日から令和3年3月31日(予定)
午前9時から正午、午後1時から午後4時まで
(注記)年末年始、土曜日、日曜日および祝日は除く
(注記)お越しの際は、事前に企画財政課(046-235-4634)までご連絡ください。また、混雑状況によりお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。

持ち物

  1. マイナンバーカード
  2. マイナンバーカード交付時に設定した「利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)」
  3. マイナポイントを申込むキャッシュレス決済サービスの決済手段(例:ICカード、専用アプリ等)及びキャッシュレス決済サービスID・セキュリティコード
    ※3はマイナポイント申込時に必要となります。

(注記)マイナンバーカードの交付や利用者証明用電子証明書に関することについては、窓口サービス課までお問い合わせください。

お願い

円滑な支援の実施のために以下の点につきましてご協力をお願いいたします。

  • マイナポイントを申込む決済サービスを予め決めた上でお越しください。
  • キャッシュレス決済サービスを利用するために必要な手続き(例:キャッシュレス決済サービスアプリのダウンロード、アカウント設定等)が完了した状態にした上でお越しください。

(注記)キャッシュレス決済サービスによっては、支援窓口でのマイナポイント申込ができない場合がありますので、ご了承ください。

特定個人情報保護評価

特定個人情報ファイルを保有しようとする又は保有する地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

独自利用事務

マイナンバーが、社会保障、税、災害対策の分野のうち、法律又は条例で定められた行政手続きのみに利用される中、社会保障、税、災害対策の分野及びこれらに類する事務で、法律にはマイナンバーを利用できる定めがないものの、市が条例で定めることにより、独自にマイナンバーを利用することを可能とする事務を独自利用事務といいます。

イラスト:マイナンバー キャラクター

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

財務部 企画財政課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 政策経営係:046-235-4634、財政係:046-235-8453
ファクス番号 046-233-9118
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。