違反対象物公表制度について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006881  更新日 令和3年1月7日 印刷 

【公表の対象となる建物】

映画館、遊技場、飲食店、百貨店、ホテル、病院、社会福祉施設など、不特定多数の人が出入りする建物が対象です。

【公表する違反】

  • 屋内消火栓設備の未設置
  • スプリンクラー設備の未設置
  • 自動火災報知設備の未設置

【公表の内容】

建物の名称、建物の所在地、消防法令違反の内容などです。

【公表の方法】

市のホームページや消防本部予防課、消防署での紙面による閲覧となります。

【違反公表対象物】

次の防火対象物は、海老名市火災予防条例第48条に基づき公表するものです。

違反防火対象物
防火対象物の名称 防火対象物の所在地 未設置の消防用設備 違反の存する部分
なし

※現在、市内では違反公表対象物はありません。

 

より良いウェブサイトにするために、アンケートにご協力ください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒243-0411 神奈川県海老名市大谷816
電話番号 予防査察係:046-231-0948、危険物指導係:046-231-0968
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。