柏ケ谷土地区画整理促進区域における基本整備方針・許可基準について

 柏ケ谷土地区画整理促進区域(柏ケ谷字瀧ノ本及び字峰下の一部)は、昭和54年に都市計画法第10条の2、大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法(大都市法)第5条第1項に定める「土地区画整理促進区域」に指定されており、主として住宅の建築のみを許可している区域です。

  《柏ケ谷土地区画整理促進区域の位置、面積》 

 平成19年には市の基本整備方針の策定及び許可基準の制定を行い、今日にわたり、本区域の良好な市街地の形成を図っています。

 近年、本区域では、急傾斜地等を有するなど現状のままでは宅地開発が進まず、未利用地が残されることが懸念されるため、市では、法や用途地域などの許容範囲内で必要な見直しを行い、市の基本整備方針の策定及び許可基準の改正を行いました。

 最新の基本整備方針、許可基準は平成30年2月1日付けにて告示しています。内容については、下記ダウンロードからご覧ください。


※ 本区域内で土地の形質変更、建築物の建築を行う際には、事前に大都市法第7条の規定による許可を要する場合があります。申請の手続きについては、あらかじめ市役所市街地整備課にご相談ください。


ダウンロード

お問い合わせ

まちづくり部 市街地整備課
Tel (直通)046-235-9605市街地整備係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)