12月11日:救急隊の到着が遅延


1 概要
  救急要請(119番通報)により出動した救急隊が、出動途上、当該車両が通行できない道路を進行したことにより、後退せざるを得ない状況となり、進路を迂回したことで、約5分遅延した事案が発生しました。

2 指令日時
  平成29年12月7日(木) 17時41分

3 要請場所
  海老名市中新田地区

4 出動から現場到着までの経過
  救急出動指令を受け、消防署本署救急隊2隊のうちの1隊が出動しました。出動前には、指令放送と同時にプリントされる指令書を確認し、現場までの経路を概ね決定して出動しました。
出動途上、二方向に分岐される一方を進行したところ、道路が狭隘のためクランクを曲がり切れず後退せざるを得ない状況となり、約70m後退した後に進路を迂回し、現場到着に至ったものです。
  この結果、過去の同地区への救急出動から現場到着時間の統計を基に検証したところ、約5分の遅延が発生しました。

5 傷病者
  70歳代 男性(医療機関初診時:重篤) その後、お亡くなりになりました。

6 傷病者のご家族への謝罪
  傷病者のご家族に対して、進路選択の誤りにより救急隊の到着が約5分遅れたことを報告するとともに、謝罪を行いました。

7 搬送先医療機関医師の見解
  遅延等、死亡との因果関係は極めて低いが、断定はできない。

8 今後の対応
  今般の事案については、道路等の地理状況の把握が不十分であったことが原因であるため、地理調査等の再確認を実施し、再発防止の

 徹底を図ります。


9 時間経過
  17時38分 海老名市・座間市・綾瀬市消防指令センターで119番通報を入電
  17時41分 海老名市・座間市・綾瀬市消防指令センターからの救急出動指令を受信
  17時41分 海老名市消防署本署から救急車1隊出動
  17時51分 現場到着、傷病者と接触、救命活動開始と同時に消防隊の応援を要請
  18時09分 傷病者の搬送開始
  18時14分 病院到着
  21時07分 傷病者の死亡確認(病名:大動脈解離)
 

  小林(こばやし) 直樹(なおき) 消防長のコメント
  今般の救急事案の対応につきましては、進路を誤ったことにより現場到着時間が遅延したことを心よりお詫び申し上げます。
  お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご家族に対しまして心よりお悔やみ申し上げます。今後、厳正に対処し、再発防止に努めます。

 

◎この件に関する問い合わせ先
  海老名市消防本部 消防署 電話046-231-0355 消防署長(井上広)
 


ダウンロード


 


お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)