9月11日:海老名市消防署・消防団合同訓練について
~海老名市初!消防署・消防団遠距離中継送水訓練~

   市消防本部は、災害現場における緊密な連携強化を図るため、毎年消防署・消防団合同訓練を実施しています。
 今年は、全分団に配備している消防ポンプ車を使用し、相模川から取水した消火用水を約1キロメートル先の火災現場まで送水する遠距離中継送水訓練を実施しました。
これは大規模火災や大震災が発生し、消火用水が不足する状況や地震により消火栓が使用できない状況を想定し実施したもので、これにより新たにポンプの取扱いを理解し、無線運用技術を向上させるための海老名市初の訓練です。

1 日 時
  平成29年9月10日(日) 2部構成で実施
   午前の部 9時~11時45分
   午後の部 13時~15時45分

2 訓練会場
  社家4587番地 
(神奈川県内広域水道企業団 社家取水管理事務所の西側相模川河川敷付近)

3 訓練内容
  消防団のポンプ車7台および消防署のポンプ車1台による送水・放水訓練
  無線による指示・情報伝達訓練

4 参加部隊及び人数
消防署18人、消防団73人(午前の部7分団・午後の部7分団)、消防本部5人
計96人

 

 

 

 

◎この件に関する問い合せ
 海老名市消防本部 消防署 第1警備課  電話 046-231-0355
 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)