【えびFLY!電子版】K―1ファイター 西京兄弟インタビュー

  海老名市在住で、K-1ファイターの西京兄弟。2015年と2016年のK-1甲子園(キックボクシング高校生日本一を決定するイベント)では、兄弟で連続優勝するなど、活躍しているお二人にお話を伺いました。

 西京兄弟
【K-1ファイター (左)西京 佑馬氏(16歳)、(右)西京 春馬氏(19歳):国分南在住】


■キックボクシングをはじめたきっかけを教えて下さい。

兄:春馬 )
 「K―1」に憧れて、小学4年から格闘技を始めました。
 実は、小学校2年生まで髪の毛が長くて、女の子のようだったんです。それに泣き虫でした。
 
父親の勧めで小学校3年生から1年間、少年野球をやってたんですが、ある日、キックボクシングの好きな父親にジムに連れて行かれ、かっこよくて衝撃的でした。それが始まりです。

インタビュー

 弟:佑馬 )
 兄がやっていたこともあって、小学校1年生からキックボクシングを始めました。
 でも、小学校4年生から中学校1年までの約3年間は、レーシングカートもやっていたんです。
 小さいころから車が大好きだったので、カートも楽しかったのですが、キックボクシングのかっこよさに憧れて、すっかり夢中になりました。
  

■キックボクシングの魅力はなんですか

兄:春馬 )
 小さい頃からずっとやっているので、何が魅力かというより、当たり前にやっている感じです。テレビでキックボクシングを初めて見て、「強い男」にあこがれていました。
 キックボクシングは、試合前の減量が大変ですが(8キロから9キロの減量)、勝ったあとの食事がめちゃくちゃおいしいんです。
 

春馬氏とえび~にゃ

 弟:佑馬 )
 「K―1」を見る側の魅力は、ラウンドが少なく、わかりやすくて、見やすいところですね。あっけなくKOがあったりするのも、面白いですね。
 やる側の魅力は、やっぱり、勝った時の喜びと達成感が最高にうれしいですね!

 

 ■夢を教えてください。

 兄:春馬 )
  格闘技界を盛り上げる存在になりたいです!
                                                             弟:佑馬 )
  誰から見ても1番!強さを持った選手になるのが目標です。     

佑馬氏とえび~にゃ

■ 海老名のおすすめスポットを教えてください

 兄:春馬 )
 相模三川公園です。朝のランニングが気持ちいいですね。
 あと、海老名はラーメン店が多いのもいいですね。豚骨醤油ラーメンが一番好きです。                                               

 

 相模三川公園

弟:佑馬 ) 

 海老名駅周辺が好きです。やっぱり、ビナウオークが好きかな。雰囲気が好きです。カラオケもあるし、遊ぶところたくさんあるし、楽しいですね。

                              

        
 
 
ビナウォーク

■最後に一言お願いします。

兄:春馬 )
 平成29年10月1日(日)に後楽園ホールでタイトルマッチがあります!一生懸命頑張りますので、みなさんの応援よろしくお願いします!

 

弟:佑馬 )
 キックボクシングで、強さを持った選手になるのが目標です。みんなの期待に添えるよう頑張りますので、 応援よろしくお願いします。    

 

 



 
  


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)