8月3日:いにしえびとの道具箱『勾玉(まがたま)・矢じりづくり』を開催

 市教育委員会は、市立郷土資料館「海老名市温故館」で『えびな歴史絵手紙講座』を開催しました。
 今年で3回目の実施となる「えびな歴史絵手紙」事業は、夏休み期間に海老名市在住の小学校3年生から中学生を対象に、海老名の歴史・文化財をテーマとした絵手紙作品を募集するもので、今回の講座はこの事業の一環として開催したものです。
講座では、まず講師の指導のもと絵手紙の筆遣いを練習した後、子どもたちがそれぞれ気に入った土器や勾玉、昔の民具等を間近で見ながら、その驚きや感動を絵手紙に仕上げていました。
 参加した子どもたちは、「大事な土器を近くで見られて、とても楽しかった」「歴史をもっと知りたい。」などと話していました。
  応募された作品は、優秀作品を選考し、10月の「市民文化祭郷土芸能部門」で表彰します。その後、全作品を海老名市温故館や、三井住友銀行海老名支店ショーウインドー(中央1-2-2)などで展示する予定です。

 1 日  時  平成29年7月27日(木)10時~11時半、13時半~15時  
 2 実施場所  海老名市温故館(海老名市国分南1-6-36)
 3 講  師  日本絵手紙協会公認講師:柚木瑛湖(ユノキ エイコ)先生
 4 参 加 者  23名(午前14名、午後9名)
 5 主  催  海老名市教育委員会
 

 

◎この件に関するお問い合わせ
海老名市 教育委員会 教育総務課 電話046・235・4925
 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)