認知症ケアパス(認知症ガイドブック)

認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けるために

認知症対策推進のため、正しい知識や情報を提供することで、早めの適切な対応を可能にすることと、認知症の人や家族が安心して暮らせるような地域で支えるしくみを構築するため「認知症ケアパス」を作成しました。

認知症の本人やその家族が、住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、この「認知症ケアパス」をご活用ください。


認知症ケアパス

「認知症ケアパス」とは、認知症の状態や状況に応じて、いつ、どこで、どのような医療や介護サービス、相談、その他の支援などが利用できるかの概略を示したものです。

内容
1 認知症は身近な病気です
2 認知症早期発見の目安
3 認知症予防の4か条
4 介護を一人で抱え込まないで
5 認知症の進行に合わせた主なサービス
6 認知症支援のための相談機関
7 認知症の人とその家族の支援活動に関すること

「認知症ケアパス」は、高齢介護課にて配布しています。また、このページからダウンロードができます。
 


関連情報

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護課
Tel (直通)046-235-4950・4951高齢者支援係/4952介護保険係/4953介護認定係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)