12月19日:県内初・公費で入試用保険に加入

 海老名市教育委員会では、今年度から、市立中学校の3年生全員(6校・1,210人)を対象に、高等学校等の入学試験や就職試験の受験用とした、「入試関係限定保険」(傷害および賠償保険)に加入する。試験や面接、合格発表に赴く際の、学校または自宅と会場との往復の中などで、不慮の事故等でけがをした場合や第三者にけがを負わせたり、物的な損害を与えたりしたときに備える。
 これは、現在、市教育委員会で加入している、学校管理下における事故や災害に備えた児童生徒向けの保険(日本スポーツ振興センター、災害共済給付制度及び学校災害賠償保険)が、入試を受験するための移動のうち、教員の引率がない場合には適用されないことから、生徒に安心して受験してもらえる環境づくりを図るために実施するもの。同様の保険には、小田原市が保護者負担で加入しているが、教育委員会が一括で加入するケースは県内では初めて。保険料は12月補正予算等に計上、可決されている。

賠償保険 対人・対物賠償・・・1事故1,000万円(自己負担なし)
傷害保険・・・傷害による死亡・後遺障害/最高1,000万円、傷害による入院/日額5,000円、傷害による通院/日額3,000円 

◎この件に関する問い合わせ先
  海老名市教育委員会 就学支援課 電話046・235・4921(直通)
 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)