12月16日:国民健康保険・高額療養費該当者の抽出漏れについて

 海老名市国民健康保険加入者の高額療養費該当者について、一部抽出が漏れていたことにより、高額療養費の未払いがあることが発覚した。
海老名市国民健康保険で運用している高額療養費制度は、同制度により支給を受けられる場合、該当者へ通知し、当該通知に基づき、該当者が申請書を提出することで支給を受けられる制度で、所得金額等により限度額の区分がある。


1 抽出漏れ件数・合計金額
  12世帯・64万1,236円


2 要因・経過など
  市国民健康保険では、高額療養費該当者の抽出を国民健康保険団体連合会
(国保連)に委託しており、市から国保連に送付した元データに誤りがあったことから、本来該当となる方が漏れてしまっていたことが要因。エラーとなっていたのは、70歳以上の方の一部データ。
 11月通知予定者の該当者データに、過去の該当者が混ざっていたことから調査を開始、12月15日に漏れていた件数と合計金額が確定した。


3 対応
 判明した12世帯については、戸別にお詫びと概要説明を行い、12月16日現在、11世帯の方には説明済み。残る1世帯についても、引き続き対応していく予定。


4 再発防止策
   複数人によるデータのチェック体制強化、処理手順の見直しなど。

 


◎この件に関する問い合わせ
保健福祉部 保険年金課 電話 046・235・4594(直通)

 


ダウンロード


 


お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)