海老名市国民健康保険データヘルス計画を策定しました

「データヘルス計画」とは
 データヘルス計画とは、保険者が保有するレセプト(診療報酬明細書)や、特定健診データなどの情報を活用し、被保険者の健康づくりや疾病予防、重症化予防を行うことを目的とした実施計画です。
 平成25年6月に閣議決定された「日本再興戦略」において、全ての健康保険組合に対し、レセプト等のデータの分析、それに基づく加入者の健康保持増進のための事業計画として「データヘルス計画」の作成・公表、事業実施、評価等の取組を求めるとともに、市町村国保が同様の取組を行うことを推進するとされました。
 海老名市国民健康保険においても健康・医療データの分析などにより地域の特徴を把握し、生活習慣病の早期発見・予防と重症化予防のための効率的、効果的な保健事業を実施することで、国保加入者の健康寿命の延伸や医療費の適正化を図るものです。


ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)