3月24日:「組体操の実施に係る指針」を策定

市教育委員会では、市立小・中学校で組体操を実施する場合における「組体操の実施に係る指針」を策定した。
現在、市内の全小学校で実施されている組体操について、市教育委員会が保護者代表・校長会代表にも意見を求めた結果、実施について肯定的な意見が多く聞かれたため、実施する場合の遵守事項を定めた。また、今後の運動会・体育祭の演技・種目の在り方について、平成28年度中に学校と教育委員会とで検討することとした。
同指針は教育指導課で配布・閲覧できるほか、市ホームページでも公開している。主な内容は以下のとおり。

【組体操の実施に係る指針(要約)】

1 安全上の問題点や教育的意義などについて各学校で十分に話し合って決定すること

2 児童・生徒と保護者に、ねらいと内容、安全対策などについて十分に周知すること

3 取り組む技の高さや難易度を競うことなく、安全を最優先に決定すること。技の習得については体育学習との関連を図ること

4 指導教職員は、指導法や安全面での配慮などについて、指導力の向上を図ること

5 担当する教職員のほかに、2人以上の教職員を配置すること。必要に応じて、外部指導者や保護者などの支援を受けるようにすること

6 練習は必ず教職員の指導のもとで行わせることとし、児童・生徒のみでは絶対に行わせないこと

7 練習や演技にあたり、補助用具の使用などの安全対策を十分に施して行うこと

8 実施する場合、学校は計画書を作成し、事前に教育委員会に提出すること

 

<問い合わせ先>
海老名市教育委員会 教育指導課   電話 046・235・4919 (直通)


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)