自転車の安全利用(TSマーク制度)について

TSマーク(TRAFFIC SAFETY)TSマーク(TRAFFIC SAFETY)制度について

TSマーク付帯保険

TSマークの貼られた自転車を運転中、事故を起こした場合、死亡、重度後遺傷害に対する傷害保険金や
賠償責任保険金が最高限度額5,000万円が支払われます。

被害者見舞金の新設

赤色TSマークが貼付された自転車に搭乗中の事故により、入院15日以上の怪我をさせた相手方に一律10万円を支払われます。

※ この補償内容の適用は、平成26年10月1日以降に普通自転車の点検整備を行い、赤色TSマークを貼付したものからです。
      (平成26年9月30日までに貼付された赤色TSマークは、10月1日以降も被害者見舞金は適用されません。)

整備点検済みの普通自転車に貼付するTSマークは以下のとおりです。

TSマークの種類 傷害保険 損害賠償保険

第一種TSマーク
(青マーク)

第一種TSマーク(青マーク)

第一種点検整備済
TSマーク

入院加療15日以上
〔一律〕1万円


死亡または重度傷害
(1~4級)
〔一律〕30万円

  

死亡または重度傷害
(1~7級)
〔限度額〕1,000万円

第二種TSマーク
(赤マーク)

第二種点検整備済
TSマーク

入院加療15日以上
〔一律〕10万円


死亡または重度傷害
(1~4級)
〔一律〕100万円

死亡または重度傷害
(1~7級)
〔限度額〕5,000万円

※被害者見舞金の新設
赤色TSマークが付いた自転車に
搭乗中の事故により
入院15日以上の怪我をさせた相手方に
〔一律〕10万円

基準適合TSマーク

「電動車椅子」「駆動補助機付自転車」「けん引用具」「停止表示板(灯)」
「運転シュミレーター」等に貼り付けられます。(保険はついていません)

加入方法

「TSマーク」のついた自転車安全整備店の看板のあるお店で取り扱っています。
(点検・整備とTSマークの貼付には手数料が掛かります。)

TSマークに付帯した保険の有効期間は、(TSマークに記載されている)
点検日より1年間(記載された日の1年後に当たる日の午後12時まで)です。
有効期間を過ぎると保険が適用されなくなるので、年1回点検を受けましょう。
また、TSマークに点検年月日と自転車安全整備士の登録番号が記載されていない場合には無効となります。

自転車安全整備士とは?

財団法人日本交通管理技術協会が実施する「自転車安全整備技能検定」に合格した者で
自転車の点検整備と安全利用の指導について専門的な技能をもっており、自転車安全整備制度推進の中心的な役割を果たす人です

 

公益財団法人日本交通管理技術協会のホームページ


お問い合わせ

市民協働部 地域づくり課
Tel (直通)046-235-4793地域振興係/4789交通防犯推進室/4567市民相談室

>>お問い合わせフォーム