青年等就農計画(認定新規就農者)制度について


1  青年等就農計画(認定新規就農者)制度とは


 

 新たに農業を始める方が作成する「青年等就農計画」を、市が審査・認定し、

 認定を受けた新規就農者に対して重点的に支援措置を講じようとする制度です。

 制度の詳細(PDFデータ)


2  対象者


 

 海老名市内において、新たに農業経営を営もうとする、以下に当てはまる方が対象となります。

 

(1)青年(原則18歳以上45歳未満)

(2)特定の知識・技能を有する中高年齢者(65歳未満)

(3)上記の者が役員の過半数を占める法人

    

    ※農業経営を開始して5年を経過しない者を含みます。

    ※認定農業者を含みません。

 


3  青年等就農計画の作成・認定の流れ 


 

(1)新規就農者の方が、青年等就農計画等の申請書類を作成し、市へ提出

(2)市が審査・認定を実施

(3)認定結果を新規就農者の方に通知

 


4  認定を受けたら 


 

  認定新規就農者は、青年等就農計画の最終年まで、毎年、以下の書類を市に提出する必要があります。

(1)農林水産省が作成した農業経営指標に基づく自己チェック結果表

(2)通帳及び帳簿などの収支が分かる書類 

 


 5  認定新規就農者に対する主な支援策


 

(1)青年就農給付金(経営開始型)

(2)青年等就農資金(日本政策金融公庫による無利子融資)

(3)経営所得安定対策

(4)認定就農者への農地集積の促進


ダウンロード

お問い合わせ

経済環境部 農政課
Tel (直通)046-235-4844・4845農業振興係/8539地産地消推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)