自転車のルールを守って安全に!(自転車安全利用五則)

気を付けの姿勢のえび~にゃ自転車による交通事故が増えています。
ほとんどの原因は、交通ルールが守られていないものです。
自転車は、環境負荷の少ない身近な乗り物です。
交通ルールを再確認し、安全に快適にご利用ください。

1 自転車は、どこを走ればいいの?並んだ自転車

自転車は、車両の仲間なので、原則車道を走ることになり左側通行です。ただし、次の場合は歩道を走れます。

  • 自転車の歩道通行可の標識、標示のある歩道
  • 13才未満の子どもや70才以上の高齢者、身体の不自由な人が運転しているとき
  • 車道または交通の状況から見て、歩道通行がやむを得ないと認められるとき

なお、歩道を走る場合は、歩行者 優先で、車道寄りを徐行してください。
歩行者をどかすため、ベルを鳴らすことは違反です。
また、すぐに停止できる速度で歩行者の通行を妨げる場合は、一時停止しなければなりません。

2 交差点は、どのように通行するの?

(1) “歩行者、自転車専用”と表示されている信号機のある場合は、その信号に従います。

“自転車横断帯”があるときは、ここを通行しなければいけません。
歩行者用横断歩道を通る場合は、自転車から降りて押して横断してください。
右折する場合は、二段階で右折することになります。
つまり、青信号で交差点の向う側まで進み、その時点で止まり右に向きを変え、前方の信号機が青になってから進みます。
右折矢印式の信号があっても、自転車は、これに従うことはできません。

(2) 信号機のない交差点は、一時停止し安全確認を行います。

  右折する場合は、二段階で右折することになります。一度には右折できません。

3 自転車が守らなければならない安全ルールがあります

(1) 飲酒運転禁止

  自転車も車両の仲間です。飲酒運転は禁止です。

(2) 二人乗り禁止

  16才以上の者が6才未満の子どもを乗せる場合を除きます。

(3) 並んで走行することは出来ません(“並進可”の標識がある場合は通行可能です。)

(4) 夜間はライトを点灯

  自分の前方の安全確認と自転車の存在を相手に知らせるためです。
  なお、前照灯は5メートル前方が見えないと整備不良となります。

(5) 信号を守る

(6) 交差点での一時停止と安全確認

4 子どもはヘルメットを着用します。

以上の内容を取りまとめたものを「自転車五則」といい、 これを守れば、自転車事故が減るといわれています。

● 自転車安全利用五則 ●(自転車を利用する上での基本的ルール)
No 内容
1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4 安全ルールを守る
飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
夜間はライトを点灯
交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
(携帯電話やヘッドホンを使いながら乗ったり、傘をさして乗ることは危険ですからやめましょう
5 子どもはヘルメットを着用

そのほか、次の点にも注意してください。

  • 自転車の点検、整備
  • 自転車事故で問われる責任

最近、自転車を利用していた人や、その保護者に賠償を求めるケースが増えています。
その請求額も高額になっています。
ルールを守って、事故そのものを回避することや、保険への加入を考えましょう。

◆海老名市内の自転車交通事故数(全件と自転車が占める割合)◆(資料:海老名警察署)
年度 全交通事故件数 自転車交通事故件数 割合
平成21年 709 件 161 件 22.7%
平成22年 605 件 121 件 20.0%
平成23年 648 件 157 件 24.2%
平成24年 649 件 131 件 20.2%
平成25年 599 件 127 件 21.2%
平成26年 463 件  80 件 19.0%
平成27年 486 件 100 件 20.1%

 


お問い合わせ

市民協働部 地域づくり課
Tel (直通)046-235-4793地域振興係/4789交通防犯推進室/4567市民相談室

>>お問い合わせフォーム