4月5日:海老名市教育大綱を策定

 4月5日、市教育委員会では県内初となる「第1回海老名市総合教育会議」を開催し、同日「海老名市教育大綱」を策定した。
 「しあわせをはぐくむ教育」のまち海老名を同大綱の目標とし、子どもたちの今と将来のしあわせと家庭・学校・地域がともに成長できる社会、より良い環境づくりを目指す。


第1回海老名市総合教育会議 概要
1 開催日 4月5日(日)10時~11時15分
2 開催場所 海老名市役所401会議室
3 出席者 内野 優(市長)・伊藤文康(教育長)・海野惠子(教育委員)・
平井照江(教育委員)・岡部二九雄(教育委員)・松樹俊弘(教育委員)

海老名市教育大綱・教育施策の3つの柱
○ 「えびなっ子」しあわせプランの推進
○ 子どもと大人がともに学ぶ生涯学習の充実
○ 安全安心な環境と新たな学校施設への取り組み


【総合教育会議】
市長と教育委員会が相互の連携を図りつつ、より一層民意を反映した教育行政を推進するために設ける協議・調整の場で、市長が招集するもの。構成員は市長と教育長、教育委員で、必要に応じ意見聴取者の出席を要請する。なお、会議は原則公開とし、年3回程度開催する。

【教育大綱】
市の教育、学術および文化振興に関する総合的施策について、目標や施策の根本となる方針。総合教育会議の場で、教育基本法第17条に規定する基本的な方針に沿って協議・調整し、市長が策定する。策定した大綱の下、市長および教育委員会が各所管事務を執行していく。

 

◎この件に関するお問い合わせ
海老名市 教育部 教育総務課 電話046・235・4916(直通)
 


ダウンロード

お問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
Tel (直通)046-235-4574広報係/8567シティプロモーション推進係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)